読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

北千住駅の330円ラーメンは、イデア界に存在するド古典だった!

広告

新着記事 
都市伝説? プレミアムフライデー導入企業って本当にあるの?

あっさり、ヘルシーなラーメンを食べ歩くシリーズです。今日は東京下町北千住で、330円!でラーメンが食べられる、りんりんさんです。

北千住駅のりんりんは、330円ラーメンで地元で人気!

f:id:travel_jarna:20170512220155j:plain

2004年に改装された北千住駅は、TX(つくばエクスプレス)線も乗り入れる、とてもきれいな駅です。正面の西口を出て、アーケード商店街を歩きます。

f:id:travel_jarna:20170512204110j:plain

アーケードが途切れた交差点の一角に、昔ながらのスタイルの、ラーメン店りんりんがあります。北千住駅で330円ラーメンが食べられると食べログで知り、訪ねてみました。

f:id:travel_jarna:20170512204739j:plain

店内はカウンターのみ。持ち帰りの餃子の注文が、店外からどんどん入るため、肩が触れ合うような厨房で、3名の店員さんが大忙しです。

330円ラーメンはやっぱりまずい?/北千住駅のりんりん

f:id:travel_jarna:20170512205053j:plain

330円ラーメンの到着です。見た目は普通。食べログの点数は良い(3.5点)のですが、常連の地元客の口コミも目立ち、ちょっと地元バイアスは入っているだろうなと、期待薄でした。

しかし、スープを口にすると……。

これは、昭和期に都内のラーメン屋さんが出していた、中華そばそのものです! 私は、祖父母が東京のため、小学生の頃、毎年この味を食べていました。鶏ガラ醤油、調味料少しキツめ……(笑) この味が、まさに昔ながらのラーメンです。

f:id:travel_jarna:20170512205443j:plain

東京・葛西の伝統的名店「ちばきや」さんは、煮玉子発祥の店であり、昔ながらのラーメンの典型例とされます。しかし、恐らく、りんりんの方が昔のラーメンに近いと思います。

わりと調味料が前面に出ますが、今のようにラーメンの技術が進歩し、同時に高額化する前は、この味が基本だったはずです。

麺は、中太縮れですが、柔らかいボワッとした麺です。ムニムニでなく、ムニュムニュ。これは、現在の主流ではないので、おいしくないと言う人もいると思います。しかし、少数派とは言え、このやわ麺は地球上に存在します。例えば、東京・立川の超人気店「鏡花」もやわ麺です。

220円ぎょうざはさすがにあれか?/北千住駅のりんりん

f:id:travel_jarna:20170512210507j:plain

220円ぎょうざもりんりんの名物とのこと。ラーメンと足しても、550円です。

さすがに、ぎょうざは普通くらいかな、と思って口にしましたが……、完璧でした。強いて言えば、焦げや皮の歯ごたえが素晴らしいのですが、全てにおいて欠点がない餃子という表現がふさわしいです。肉汁が飛び出すとか、宇都宮餃子のように超あっさりとか、そういった特色はなく、まさに典型的な餃子です。餃子の最小公倍数や~。

※最大公約数と言うには失礼な味。最小公倍数です。

哲学者のプラトンは、地球上のあらゆるものは、イデア界という場所に、完璧な元本が存在し、この世のモノは写しだと考えました。りんりんの餃子は、まさにイデア界に存在する餃子です。宇都宮餃子も良いと思いますが、ド典型のどストレートな餃子は、りんりんの餃子になるはずです。その意味では、330円のラーメンも、昔ながらのラーメンのイデア的存在です。

なぜりんりんは330円でラーメンを出せるのか?

f:id:travel_jarna:20170512211147j:plain

りんりんはなぜ330円で、この完成度のラーメンを出せるのでしょうか?

答えは簡単で、持ち帰りの餃子や焼きそばの注文が、ひっきりなしに入るからです。店内で食べている客からも、持ち帰りのオーダーが目立ちます。薄利多売が、安さを生んでいるのだと思います。

f:id:travel_jarna:20170512211807j:plain

ラーメン店りんりんは、幹線道路沿いですが、三角形の変則的な立地。もし賃貸なら、地代は安く済むはずです。

肩が触れ合うような三角形の狭小なお店で、決してもう若いとはいえない3人の店員さんが、休むことなくラーメンをゆで、ぎょうざを焼き、焼きそばを炒めています。この努力が、330円ラーメンのクオリティを生んでいるのです。イ◯ハ◯にもこの苦労を味あわせたい!

f:id:travel_jarna:20170512212224j:plain

北千住駅周辺は再開発が進みましたが、ラーメン店りんりんの裏手には、昭和の町並みが残っています。畳屋さんがあり、そして閉店しているようでしたが、「電話屋」の看板もありました(何を売っていたのだろうか?)

北千住駅に向かう途中には、おすすめカフェや豆富のお菓子も

ツタヤが経営するカフェ「Rベイカー」

f:id:travel_jarna:20170512212804j:plain

北千住駅に戻る途中にあるカフェ・Rベイカーは、ツタヤの経営で、北千住ではもっともおすすめのカフェです。15時以降は、コーヒー100円。8時〜21時。

f:id:travel_jarna:20170512212914j:plain

Rベイカーは、パン屋さん併設で、パンのクオリティも高いです。コンセント席、ソファ席があり、Wi-Fi完備です。

健康志向に人気 豆富茂倉

f:id:travel_jarna:20170512213621j:plain

豆富茂倉は、目立つ看板を出さないお店ですが、ひっきりなしに主婦が買い物に訪れる人気店です。

f:id:travel_jarna:20170512213756j:plain

豆富茂倉のおすすめは、生クリームパン(108円~128円)。クリームパン好きならば、知らない人はいない、あの八天堂のクリームパンと結構似ています。

 

f:id:travel_jarna:20170512214428j:plain

安いので、八天堂ほど、パン生地の生感はありませんが、八天堂好きならある程度気に入ると思います。

www.jarna.jp

日本に1つしかない かつやのしゃぶしゃぶ食べ放題

f:id:travel_jarna:20170512215035j:plain

全国チェーンのかつやのなかで、唯一しゃぶしゃぶ食べ放題を実施しているのが、北千住店です。実験店のようです。

f:id:travel_jarna:20170512215138j:plain

999円は豚になりますが、それでも90分、ご飯・野菜つきで999円とは恐れ入ります。

  •  ●印:ラーメンりんりん 
  •  ●印:カフェRベイカー
  •  ●印:豆富茂倉
  •  ●印:かつ屋(日本唯一のしゃぶしゃぶ食べ放題実施店)

以上、あっさり、ヘルシーなラーメンを食べ歩くシリーズ、北千住駅の330円ラーメンは、イデア界に存在するド古典だった! でした。

f:id:travel_jarna:20170512222945j:plain

りんりんさんのメニューは、一瞬、ラーメン12120円に見えて驚きます 笑

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp