じゃーな!

#別な人が作る社会に引導を渡す

ふるさと祭り東京2018 初日レポートです!

東京ドームで全国のご当地グルメや祭りが集まる、ふるさと祭り東京2018が開幕しました! 初日に早速行きましたので、レポートです。

東京ドーム・ふるさと祭り東京2018の全容

f:id:travel_jarna:20180112204100j:plain

東京ドーム・ふるさと祭り東京2018の全容

  • 2018年1月12日(金)~21日(日)10時~21時(最終日は18時まで)
  • 土日の午前中は混雑。防寒のうえ、9時前に並ぶのがおすすめです。土日の13時以降や、平日は入場時の行列はほとんどありません。
  • 全国どんぶり選手権のほか、各地のご当地グルメが、ないものはないという規模でそろいます。

混雑・チケット攻略はこちら:【現地取材】ふるさと祭り東京2018 混雑予想、おすすめグルメとレポート(姉妹サイト)

ふるさと祭り東京 まずは、全国ご当地どんぶり選手権へ

f:id:travel_jarna:20180112204624j:plain

ふるさと祭り東京常連が、まず初めに訪ねるのは、全国ご当地どんぶり選手権。平日は大丈夫ですが、土日は会場そばにあるチケット売り場(500円)に、100人を超える行列ができるため、まず押さえたいのです。

2018年の注目は、かごしま黒豚三昧と十勝清水牛とろ丼の対決!

2018年 2017 2016 2015 名前
殿堂入り 1位 1位 2位 青森県・八戸銀サバトロづけ丼
2位 2位 3位 鹿児島県・志布志発 かごしま黒豚三昧
3位 3位 5位 北海道・十勝牛とろ丼

昨年1位の八戸銀サバトロづけ丼が殿堂入りし、出店するものの投票対象外となったため、今年は、2年続けて上位を占めた、かごしま黒豚三昧と十勝清水牛とろ丼の対決ムードです。

f:id:travel_jarna:20180112205409j:plain

かごしま黒豚三昧をセレクト。黒豚の角煮はもちろん、卵焼きも手作業で入念です。

f:id:travel_jarna:20180112205525j:plain

着丼です。東京ドームの観客席が飲食スペースになります。

黒豚の角煮は、赤身もなかなかですが、脂身が絶品です。卵焼きは、やはり丁寧で、黒豚を巻いてあります。さらに、半熟ゆで卵まで! 500円のなかから、ショバ代や人件費を出したら、恐らく赤字だと思います。2年連続2位の雪辱を果たすか?

f:id:travel_jarna:20180112205838j:plain

昨年、強く推した秩父わらじ豚みそ丼(500円)ですが、さすがにやり過ぎて赤字になったのか、今年は残念ながらサイズダウン(写真は昨年のもの)。

www.jarna.jp

ふるさと祭り東京 絶品!逸品!ちょい乗せ市場

f:id:travel_jarna:20180112210243j:plain

ふるさと祭り東京の、絶品!逸品!ちょい乗せ市場は、200円で白いご飯を買い、各店で少しずつ具を購入し、オリジナル丼を作る企画です。足し算するとすぐに千円を超えてしまい、リッチな方向けの企画です。

f:id:travel_jarna:20180112210820j:plain

絶品!逸品!ちょい乗せ市場では、寿司など完成品も購入できます。写真は、昨年購入した近大まぐろですが、評判にたがわない味でした。トロより赤身が印象的。

※今年は、ちょい乗せ用の刺身と、フルセットの丼(900円)を販売。

ふるさと祭り東京 スイーツストリート

f:id:travel_jarna:20180112211235j:plain

ふるさと祭り東京で女性人気が高いのが、スイーツストリート。写真は、名古屋のスィートファクトリー・コモディーノです。数年前までは、少しいい加減なお店も出店していたのですが、女子の眼は欺けないと分かったのか、レベルは年々上がっています。

f:id:travel_jarna:20180112211523j:plain

昨年に続き1番人気が、石川能登町のマルガージェラート。

f:id:travel_jarna:20180112211629j:plain

マスカルポーネチーズジェラート(500円)です。ジェラートとしては、甘さが少し強すぎ、チーズ感も弱め。選ぶなら、グランピスタチオ(500円)をおすすめします。昨年実食しましたが、豆類特有の青みとコクを伴った完成度の高いジェラートでした。

※溶けやすいので、インスタ映えの方は、時間勝負です。

f:id:travel_jarna:20180112212027j:plain

こんな訴求も、今年は登場。

ふるさと祭り東京 お祭り的な催し

f:id:travel_jarna:20180112212117j:plain

ふるさと祭り東京では、定期的に2か所のステージで、各地のお祭りに関係する踊りなどが披露されます。お腹を休めながら、イベントを見学します。

f:id:travel_jarna:20180112212417j:plain

高知よさこい祭り。

f:id:travel_jarna:20180112212440j:plain

沖縄のゆるキャラ。

ふるさと祭り東京 石川県

f:id:travel_jarna:20180112212624j:plain

ふるさと祭り東京の石川県のエリアでは、旬のぶりの寿司を(300円)。

f:id:travel_jarna:20180112212911j:plain

ぶりも悪くありませんでしたが、昨年食べた木村功商店の焼きカキ(2個600円)の方が、個人的には良かったです。今年も出店しています。

ふるさと祭り東京 有田焼

f:id:travel_jarna:20180112213106j:plain

ふるさと祭り東京で、人目を引くのが、有田焼のいおり窯と憲真窯です。この2店は、毎年カラフルな有田焼をそろえ、競い合っています。

f:id:travel_jarna:20180112213233j:plain

プリント柄ですし、有田焼としては上物ではないと思いますが、3色くらい揃えられるのなら、食卓が華やかになりそうです。

www.jarna.jp

ふるさと祭り東京 島根県大田市の鶏 

f:id:travel_jarna:20180112213832j:plain

購入はしなかったものの、気になったのが、島根県大田市の鶏。

ふるさと祭り東京 新之助の甘酒

f:id:travel_jarna:20180112214146j:plain

試飲させていただき、おしかったのが、新潟の新ブランド米・新之助のあまざけ。いま主流の、砂糖に頼らない甘酒です。

www.jarna.jp

ふるさと祭り東京 旭川ラーメンの梅光軒

f:id:travel_jarna:20180112214355j:plain

ふるさと祭り東京は、ラーメン店は点在し、ほどほどの盛り上がり。しかし、旭川ラーメンの梅光軒は、毎年平日でも並びます。常連の指名買いが多く、1度食べてみたいのですが、量が多くギブアップ。

www.jarna.jp

ふるさと祭り東京 各地の仕掛け

f:id:travel_jarna:20180112215447j:plain

高崎のコーナーでは、おなじみの白衣大観音が待ち受けます。ツチノコに似た形の焼きまんじゅうやパスタの販売も。

www.jarna.jp

f:id:travel_jarna:20180112215639p:plain

秋田県は、秋田犬が待ち受けます。

(まとめ)ふるさと祭り東京2018 初日レポートです!

f:id:travel_jarna:20180112205525j:plain

f:id:travel_jarna:20180112212440j:plain

以上、ふるさと祭り東京2018 初日レポートでした!

おまけ 帰りには小石川後楽園なんかも、ドームと対照的で落ち着きます

f:id:travel_jarna:20180112220258j:plain

f:id:travel_jarna:20180112220300j:plain

背景に東京ドームの屋根が見えています。来客は、外国人だけで7、8人ほどでした。都心では、貴重な庭園です。

www.jarna.jp

混雑・チケット攻略はこちら:【現地取材】ふるさと祭り東京2018 混雑予想、おすすめグルメとレポート(姉妹サイト)

最近のおすすめ記事

www.jarna.jp

www.jarna.jp