じゃーな!

#別な人が作る社会に引導を渡す

民宿の最終変化形態・民宿すわ湖が無敵化している件~諏訪湖で安い良宿~ 

民宿の最終変化形態とも言える、民宿すわ湖。諏訪湖は人気観光地のため、1万円以下の旅館が見つけにくい場所です。安くて良い宿(ホテルや旅館)をお探しの方に、民宿すわ湖を紹介いたします。

※安い良宿シリーズでは、関東甲信越の隠れたコスパの良い宿を紹介しています。

過去の記事(一例)

www.jarna.jp

長野県の人気観光地 諏訪湖

f:id:travel_jarna:20171212083651j:plain

諏訪湖の年間の観光客数は、約400万人。バブル期以降の落ち込みが激しいとはいえ、現在も長野県屈指の人気観光地です。

湖岸の開発が進み、俗化した昭和的なムードは好みが分かれるかもしれませんが、岡谷駅方面へ足を延ばせば、自然の諏訪湖がたくさん残っています。

f:id:travel_jarna:20171212083740j:plain

お年寄りだけでなく、若い女子に人気が集まっているのが諏訪大社めぐり。

f:id:travel_jarna:20171212080746j:plain

近年は、ご当地グルメの諏訪天丼の食べ歩きにも人気があります。行事としては、諏訪大社の御柱祭、諏訪湖祭湖上花火大会に多くの人が集まります。

しかし……。

人気がある観光地だけに、宿代が高いのがネック。交通費は、高速バスで浮かせることもできますが、宿代はそうはいきません。

気になっていた民宿すわ湖

f:id:travel_jarna:20171212090026j:plain

前から少し気になっていたのが、民宿すわ湖。諏訪湖畔でもなく、外観だけ見れば、特に泊まりたいとは思えないのですが、口コミ評価が高い。

f:id:travel_jarna:20171212090412p:plain

楽天トラベルのユーザーなら分かると思いますが、290件も口コミがあり、4.95点というのは、異常です。今回、安宿に泊まらなければならない事情があり、民宿すわ湖に予約を入れてみました。

素泊まり3800円でした。

民宿の最終変化形態 民宿すわ湖

f:id:travel_jarna:20171212090744j:plain

民宿すわ湖のエントランスです。期待を抱かせるような外観ではありません。

f:id:travel_jarna:20171212090942j:plain

玄関を入ったところ。老舗旅館のような、民宿とは思えない風景!

一応民宿なので、家族経営でフロントはなし。チャイムを押して、スタッフを呼びます。この点だけが民宿らしいところ。

f:id:travel_jarna:20171212091424j:plain

若旦那が部屋まで案内してくれます。「あちらが内湯です」と言われる場所。内湯の辺りは整っていますし、立派な日本庭園。湯上りのお水も完備。

f:id:travel_jarna:20171212091834j:plain

内湯の辺り。内湯は男女別です。

f:id:travel_jarna:20171212092107j:plain

石と木の板を使った廊下は、デザイン、雰囲気とも素晴らしいです。

f:id:travel_jarna:20171212092511j:plain

館内には、草花がたくさん置かれています。常滑焼のおおきな壺も、良い雰囲気。

民宿の最終変化形態 民宿すわ湖の部屋

f:id:travel_jarna:20171212092810j:plain

民宿すわ湖は、部屋も広々としています。素泊まりだったため、布団は敷いてありましたが、すいませんが先に敷かせて頂きましたの一言がありました。普通の民宿なら、民宿だから当然という発想が出てしまいがちですが、できれば旅館並みにという心意気。

f:id:travel_jarna:20171212093149j:plain

民宿ながら広縁つき。部屋にも自然の草花が置いてあります。

民宿すわ湖の内風呂・露天風呂

f:id:travel_jarna:20171212093431j:plain

内風呂は男女別。広くはないですが、5人くらい入れます。諏訪湖温泉は、基本的に無色透明の単純泉です。かけ流しでした。

(洗い場2/シャンプー等設置/ドライヤー/タオル)

タオルも設置。タオルは部屋にもありますが、濡らしてしまうので2枚目が欲しいという人が多いのも事実。かなりしっかりした旅館やホテルは、大浴場にタオルを準備してありますが、民宿ではほとんどないと思います。

f:id:travel_jarna:20171212094442j:plain

露天風呂です。露天風呂はカギのかかる家族風呂タイプ。もちろん1名でも貸切になります。

2~3人が入れます。洗い場も2つありますが、外気が入るため、冬場は使いにくいかもしれません。露天風呂にも、シャンプー、ドライヤー、タオルがあります。

確認ですが、素泊まり3800円でした。

民宿すわ湖が民宿を超越し無敵化している件

f:id:travel_jarna:20171212094937j:plain

民宿すわ湖は、湖畔ではなく周囲は住宅や別の旅館。景色は望めませんが、多くの部屋が中庭に面しています。中庭に置かれているのは、富士山から運ばれてきたとも伝えられる大きな溶岩。2階の部屋なら、奇岩を見下ろす趣向です。

f:id:travel_jarna:20171212095233j:plain

民宿では割愛が基本のお茶うけも置いてありました。チョコレートでした。

部屋には、エアコンとガスファンヒーターの2台設置。諏訪湖は冬は冷え込むので、古民家風の建物が寒くならないようにとの配慮です。民宿すわ湖には、ガス暖房独特のにおいと湿気が合うように思います。

f:id:travel_jarna:20171212095626j:plain

民宿すわ湖には大浴場があるため、部屋はアウトバス。しかしトイレと洗面所は設置。トイレと洗面所の有無は、居住性に大きな差を生みます。トイレは、一流旅館を思わせるピカピカのウォシュレット。

f:id:travel_jarna:20171212095901j:plain

廊下は寒くならないようにストーブが炊いてあります。このストーブは、24時間炊かれていますので、深夜や早朝に大浴場に行くときに有難いです。

f:id:travel_jarna:20171212100031j:plain

唯一探し出した、民宿らしい一面。洗面所の明かりのスイッチは、かなり古いものが大切に使われていました。

民宿すわ湖の歴史

f:id:travel_jarna:20171212100548j:plain

民宿すわ湖には、古いものが保存されています。写真は、富士通ゼネラルのテレビ。

民宿すわ湖の開業は40年前。建物は、廃業した旅館から譲り受けたそうです。そのため、古いものも残されていますが、評価すべきは恐らく大半を捨てていること。ほんとうに価値があるものに絞って、ロビーに飾ってあります。

古い建物を持つ旅館や民宿は、取捨選択ができずに、雑然とした安っぽい雰囲気になりがちですが、その点で、本質的に旅館づくり(民宿ですが)を分かっている気がします。

f:id:travel_jarna:20171212090026j:plain

実質民宿なのに旅館を名乗ったり、旅館なのにホテルを名乗ったりする宿は多くありますが、実質旅館なのに民宿を名乗るところは珍しいです。

現在は、ネットの口コミの時代なので、実質が良ければいつか発見されお客は集まりますが、若旦那もオーナーも、楽天トラベルの点数は見たこともないとのこと。点数を上げることや、話題になることが主眼ではなく、宿として何をすべきか、何が足りないのかを日々追及する姿勢が、民宿すわ湖を作り上げたと言えます。

多くの日本人や外国人を観光地に呼び込み、何度もリピートしてもらうには、評価を得るためのという着想でなく、実質を求めこだわり抜くことが絶対に必要。お客が減って悩んでいる旅館業者やビジネスマンには、ぜひ見てほしい民宿です。

関連記事

諏訪湖でわすれがちなもの5つ

多くの方が、諏訪湖、諏訪温泉、諏訪大社は外さないと思いますが、わすれがちなものをいくつか。

f:id:travel_jarna:20171212102048j:plain

①高島城は、小さなお城のためパスしてしまう人も多いですが、城内斜め角度からならインスタ映えします。みぞれの日に撮影しましたが、晴れならもっと映えるでしょう。

高島城は、以前は諏訪湖畔にあった名城です。江戸から甲州街道を下った旅人の、大きな楽しみだったに違いありません。諏訪湖畔が埋め立てられ、いまは住宅地に囲まれています。

f:id:travel_jarna:20171212103042j:plain

②見落とされがちなご当地グルメ、諏訪みそ天丼はハイレベルです。初回なら上諏訪駅前の元祖店・いずみ屋で決まりとなります。

f:id:travel_jarna:20171212103224j:plain

③これはご存知の方も多いですが、上諏訪駅ホームには足湯があります。

f:id:travel_jarna:20171212104131j:plain

④下諏訪には、甲州街道と中山道の合流点があります。そこに立つ、塩ようかんの新鶴本店は、知っている人なら必ず立ち寄るお店です。

f:id:travel_jarna:20171212105425j:plain

新鶴本店付近にある、下諏訪温泉 聴泉閣かめやは、京から江戸へ嫁に出された、皇女和宮が宿泊した上段の間や、島崎藤村が好んだ富士の間があります。上段の間は、お願いすれば宿泊客でなくても見学できるかも知れません。

 

f:id:travel_jarna:20171212104606j:plain

⑤諏訪市は味噌天丼ですが、隣接の岡谷市はうなぎが名物です。諏訪湖畔に近い、水門がおすすめです。

f:id:travel_jarna:20171212104732j:plain

上諏訪温泉周辺の観光開発された雰囲気が苦手な方は、岡谷側がおすすめです。そのままの諏訪湖が残っています。写真の場所は、うなぎの水門のすぐそば。

以上、民宿の最終変化形態・民宿すわ湖が無敵化している件~諏訪湖で安い良宿~でした。

関連記事

安い良宿シリーズ 

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp