じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

セブン バターが贅沢に香るクッキーサンドの口コミと不満

広告

現在の人気記事 

【悲報】イケハヤ氏 VALUのトップページから速攻で削除される


秋冬に最適な、サンド系のアイスクリームが人気を集めています。私は、2016年の「サンド系アイス戦線」は、いまのところ、セブンイレブン+赤城乳業のタッグの勝ちだと思っています。【2016年12月記事改訂】

www.jarna.jp

セブンイレブン+ロッテも「サンド系アイス戦線」に参入

f:id:travel_jarna:20161117194918j:plain

セブンイレブン+ロッテによる、「バターが贅沢に香るクッキーサンド」(170円)は、11月上旬から順次店頭に並び始め、その後も安定して販売されています。

f:id:travel_jarna:20161117224054j:plain

売りは何と言ってもクッキー部分。クッキー単品としても成立するクオリティです。

クッキーは、ライバルの、赤城乳業「ショコラ&フランボワーズ」のような乾いた感じでもなく、ロッテの「しっとりやわらかなフルーツケーキのアイスサンド」(160円)のようなしっとりした感じでもありません。悪く言えばどっちつかず、良く言えばバランスが良いと言えます。

クッキーの原材料は、マーガリンや、ショートニングが多く、バターは少なめ。バター香るというキャッチフレーズには、ちと及びません。

f:id:travel_jarna:20161117195615j:plain

240kcal。サイズ感がやや小さい分、アイスクリームは濃く仕上げています。感触としては、油脂を多めに使っているのではと思いましたが、ロッテの「しっとりやわらかなフルーツケーキのアイスサンド」のように、原材料の上位に「植物油脂」は見当たりません。空気を抜く製法で、濃厚感を出しているようです。

アイスのインパクトが強く、バタークッキーが負けてしまいがちな点が、今後の課題です。

「セブン バターが贅沢に香るクッキーサンド」をネット検索すると

「セブン バターが贅沢に香るクッキーサンド」をネット検索すると、某専門サイトが上位にヒットしました。

参考になる記事ですが、セブンの公式ページを読んだあとに確認すると、主要な内容が、公式ページのコピーであることに気づきます。企業サイトの商品情報をそのまま引用するなら、ブログの存在価値はありません。企業が流すPRを、ユーザーの立場でチェックし、取捨選択し、自分の言葉で説明してゆくのがブログの役割です。

www.jarna.jp

多くの人が、食品なら本当においしいのかな、商品なら本当に使えるのかな、を確かめるためにブログを見ているはずです。公式サイトの情報のままでは、あまり言葉は良くないですが、googleの言う「実質のないコンテンツ」になってしまします。コピーされた情報だけで、ジャッジが不十分な場合、コンテンツは空ですよね?という、辛口のgoogle先生らしい表現です。

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp