とらべるじゃーな!

#別な人が作る社会に引導を渡す

大宮から新大久保へSEOの旅~ブログ運営の秘密~

久々の深夜エントリーです。深夜は、購読数が少ない傾向があるので、ちょっとした秘密も公開。埼玉県の大宮駅から新大久保駅に移動しつつの、ブログ運営(SEO)を意識しながらの行動記です。

この記事の位置づけ

① 対象:ブログ運営(SEO)に関心がある初心者の方

② 位置づけ:読み物的な補佐記事です。ブログ運営に必要な12要素のうち、5番目の要素に関連する読み物です。

③ 取説:ブログ運営で成功するには、本質的な大原則や理論を、順を追って学ぶことが必要です。読み物だけで満足せず、教科書的な内容を学ぶことが重要です。

大宮駅に到着 1記事書けるかな?

大宮駅

今朝9時、大宮駅に到着です。近くの学校で請負業務があるためです。ところが、仲介業者の若手スタッフが、電車遅延で遅刻。同様に都内から北上した自分が、らくらく間に合っているので、言い訳になりませんよね……。

しかし、ベテランのビジネスマンが絶対に遅刻しないのは、実は老化が原因(笑) 朝、目覚ましが鳴らなくても起きることができてしまうのです(これ老化現象ですよ)。こんなことをネタに、1記事書けるかなと。構想。

でも注意してほしいのは、こういった日記的な気づきの記事は、多少ブックマークして頂いたとしても、その瞬間(1~2日)だけのアクセス(PV)にしかなりません。中長期的に、「ベテラン 遅刻しない 理由」という3語ワードで、検索する人などほとんどいないはずです。

したがって、この記事は、入口部分(=集客)部分が弱い記事です。そのため、書くとしても、急ぐことはないし、かける時間も30分が限度でしょう。日記的な記事は書きやすいですし、固定読者に向けては悪くないのですが、芸能人でもない限り、検索される記事を書くことにリソースを傾けます

タイトル、何分考えてますか?

f:id:travel_jarna:20180223224037j:plain

上に紹介した、遅刻ネタを書くとして、タイトルはどうしますか?

  • ベテラン社員が遅刻しない意外な理由
  • 若手社員よ 遅刻の言い訳はやめたまえ
  • 君はまだ電車遅延を遅刻の言い訳にするのか?
  • あの日上司が遅刻しなかった理由を君達はまだ知らない。(←あの花風w)

こんな風にタイトルを考えていきます(とりあえず、30秒で思いついたもの)。はてなブックマークで運よく新着エントリーしたり、検索結果に表示されたりした場合、実際にユーザーが記事を読むかを決める要因は、当然ですが、9割はタイトルです(ほかは、ディスクリプション=前書きの内容。ブログ名など)

タイトルは重要なのですが、いつ、どのくらいの時間をかけて考えていますか? 多くの方が、記事を書く直前や直後に短時間で考えているはずです。しかし、あるSEOの大御所に尋ねたところ、タイトルは決定的だから長ければ1時間くらい考えることもあるとのこと。この辺の力加減にも、アクセスを集める能力の差が出てきます。

業務終わり せっかく大宮に来たので

大宮駅東口

委託業務は2時間で終わり。お昼前に解散です。自分の場合、旅行ブログを2つ運営しているので、新幹線停車で人口も多い、大宮駅に来たからには、何かしていかなければもったいないわけです。

あなたなら、何をしますか? 多くの方がランチ記事を考えると思います。しかし、実際に検索してみれば分かりますが、「大宮駅 ランチ」の2語ワードは、食べログやヒトサラがごっそりと奪い、残りをぐるなび、キュレーションサイトが強奪してゆくはずです。個人ブログでは、太刀打ちできません。

こういう場合、中小企業の戦略である差別化(ランチェスター戦略)を行います。自分の場合は「大宮 ランチ 安い」で5位に表示される古い記事があります。「安い」に特化して、大手サイトとの差別化を図っているわけです。月に180アクセスくらいしかない記事ですが、将来大宮攻めをする気になったときに、こういったロングテールの小さなキーワードを押さえていることが、足がかりになることもあります。この記事をリライトするための取材をするのが、効率が良さそうです。

f:id:travel_jarna:20180223230333j:plain

今回はスマホで撮った写真を、コンデジで撮り直しました。文章を直さなくても良いの?と考えるかも知れませんが、Googleは写真が入れ替わったことも検出しますので、リライトとなります。

では、なぜリライトがSEO上評価されるのか? これはGoogleが、フレッシュな情報を評価するという大原則を持っているからです。細かなテクニックでなく、大原則を理解してゆくことが重要です。

さらに、ランチ営業をやめた店や価格の変動もチェックします。サイトは編集モードにして、その場でスマホから打ち込んでゆきます。旅行記事・ランチ記事は基本的にはお金になりませんから、時間をかけ過ぎないことが重要です。

こんな風にして、フレッシュな情報を取り込みリライトします。

新大久保に移動

新大久保駅

大宮ではランチを取らずに、空腹を我慢し、新大久保駅に移動します。新大久保のほうが、アクセスが取れそうな記事があるからです。

www.jarna.jp

タッカルビのブームが来ており、その震源地が新大久保駅周辺の韓国タウンだからです。検索上位を狙うには、狙うキーワードの検索需要と同時に、ライバル記事の状況、とくにドメインの強さをよく考えることが重要です。

タッカルビは、比較的新しいキーワードであり、ライバルはまだ多くないと考えられます。しかし、デニーズや松屋のような大手に「見つかって」いる状況は、ちょっと遅すぎ。もう多くのキュレーションサイトが  肉の臭いを嗅ぎつけて、荒らしまくっているはずです。

すると差別化が必要。

f:id:travel_jarna:20180223232036j:plain

新大久保の韓国タウンを少し歩けば、すぐに検索需要があるキーワードに気づきます。看板を見てゆくと、どこもチーズタッカルビは2人前からの注文。「新大久保 チーズタッカルビ 1人」で検索されるに決まっています。この決まっているという感覚は、数年1つのテーマに取り組めば、必ず育ってくるセンスです。

実際に「新大久保 チーズタッカルビ 1人」で検索すると、1人で食べられるお店をはっきりと提示していない記事ばかりです(記事執筆の当時)。そして7位にYahoo!知恵袋。Yahoo!知恵袋は、回答内容が雑ですので、Googleが適切な記事がないキーワードに対し、苦し紛れに返すことが多いサイトです。このことから、ライバルサイトが弱いと分かります。

チーズタッカルビ

1人でチーズタッカルビを食べられる店を探して、食べて試合終了です。はっきり言えば、上位表示してもほぼお金にならないキーワードですが、どうせランチは食べますし、まあチーズ好きなんですよ(笑)

この辺、ビジネスに徹し切れていない部分ですが、やはり好きなことの方が続きます。サイト運営で成功するには、1000記事程度の経験値は欲しいので、好きという要素も必要です。

新大久保では、検索需要がありライバルサイトが弱そうなキーワードを探して、その取材をしました。

(まとめ)大宮から新大久保へSEOの旅~ブログ運営の秘密~

以上、大宮から新大久保へSEOの旅~ブログ運営の秘密~でした。

  • この記事の位置づけは、読み物的な補佐記事です。【2018年版】初心者のためのブログ運営・副業の教科書のうち、ステップ5/12に関連する、初心者向けの内容でした。
  • 日記的な記事は書きやすいですし、固定読者に向けては悪くないのですが、芸能人でもない限り、検索される記事を書くことにリソースを傾けます
  • タイトルは決定的。長ければ1時間くらい考えても良いです。
  • 既存の記事は、フレッシュな情報を取り込みリライトします。
  • 検索需要がありライバルサイトが弱そうなキーワードを探して、記事を書くように心がけます。

究極的なことを言えば、大宮やら新大久保やらをうろうろせず、家に直行し、アフィリエイト向けの記事を書くのが、収益上はベストアンサーです。しかし、そんな人生もつまらないじゃないですか! 旅行するのは楽しいなあ。 

ということで、深夜の記事は以上です。

 (追記)以下の記事「新大久保 チーズダッカルビ 1人」のキーワードを狙ったものですが、2か月半を経て1位に。かつてGoogleが評価を上げ過ぎたはてな関連ですが、やや評価が適正化され、多少時間がかかるようになっています。しかし、初中期のワードプレスやほかのブログよりは圧倒的に早いです。

(追記)2018年夏にはブログ全体でも、アクセス上位の記事に成長しました。

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp