とらべるじゃーな!

#別な人が作る社会に引導を渡す

『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』書評

2015年まで8年間Google日本法人に在籍し、Google在籍のうち5年間、アドセンス部門を担当した石田健介氏による、『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』が先日発売されました。その書評です。

まったく期待していなかった『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』

f:id:travel_jarna:20180126194825j:plain

『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』が先日発売されました。

元Google社員、しかもGoogle AdSense担当と聞けば、胸おどる方も多いと思います。しかし、サーチクオリティチームとアドセンスチームは、完全な別動隊であり、検索のアルゴリズムを担当するのは、あくまでサーチクオリティチーム。さらに、アルゴリズムの方針や秘密を握るのはあくまで米Googleであり、情報に限界があると考えていたからです。

しかし、結論から言えば、決して悪い書籍ではありませんでした。

  • Googleがめざすものを明らかにした大原則からの導入は分かりやすく、アドセンス停止の実例など、興味深い面がありました。
  • Google AdSenseの単価が自サイトのみ上がる仕組みなど、情報はすでに存在していても、抽象的で分かりにくかった事例が、分かりやすく紹介されていました。
  • 初心者が知りたい、AdSenseアカウントの審査方法の大原則が掲載されていました。出回る情報とは、かなり異なっており、慌ててブログを訂正する人もいそう。
  • 一方、PVを獲得するためのSEO論は、共著者の河井大志氏の執筆によると見られ、外注主体の大手メディアやアフィリエイターに寄った方法論に過ぎないと感じました。個人サイト運営者には合わない点があり、ごく一部ですが、現在、適切ではないと思う施策もありました(全体としては参考になります)。

以上が全60項目のうち、30項目(106ページ分)を読んだ感想です。すべてに触れると著作権も気になりますので、30項目分の書評としました。全体として、Google AdSenseに関する記述は、分かりやすく順序だてられており、具体例が適切なため、ある程度詳しい方でも参考になるでしょう。一方、PVを獲得するためのSEO論は、やや著者のスタイルに寄っていますので、やや普遍性に欠くと言えると思います。

『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』のもくじ

f:id:travel_jarna:20180126201152j:plain

『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』のもくじです。

  • プロの技01 Googleの基本的な考え方
  • プロの技02 Googleは広告主を尊重している
  • プロの技03 ポリシーを知って広告配信停止を防ごう
  • プロの技04 警告と一発アカウント閉鎖の条件の違い
  • プロの技05 アカウント閉鎖は永久?【以下略】

このように、プロの技01から60まで、60項目に分かれています。Chapter1としてあげられる9項目は、上記のように完全に初心者向けです。

しかし、09にある、Google AdSenseチームと直接メールのやりとりができたり、専属担当者がついたりする条件のように、中級者にとって、どこかで読んだことがあるが詳細を忘れているようなことも再確認できます。また、初心者にとって注目は、08のGoogle AdSenseの審査基準です。多くのサイトが言及していますが、文字数や記事数の目安は、多くのサイトの見解とはかなり異なるものです。また、ほかの広告が掲載してあっても良いとのことです。今頃、訂正に追われているのではないでしょうか?

※もくじは、Amazon、楽天ブックスが掲載しています。なお、福岡在住の方は、下のリンクを使用せず、ALSAのAmazonリンクから申し込むと、著者によるセミナーの参加が可能です(先着順)。

 

『本当に稼げるGoogle AdSense』の中身を紹介

f:id:travel_jarna:20180126203043j:plain

全く期待していなかった『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』ですが、読み始めるとまず、Googleが掲げる10の真実が説明されていました。有名な、Do the Right Thing 悪事を働かなくてもお金は稼げるです。私が大好きな言葉です。私は、Googleのこの社是を全面的に支持しプロフィールにも盛り込んでいます。

それはさておき、まず大原則から入るノウハウ本は信用できます。世間受けするのは、意外で新しいテクニック集や、これだけでOK、オールインワンパック的な内容です。しかし、本当に成功したいなら、地味であっても、大原則から段階を踏んで説明し、無駄がない体系を読むべきです。学校の教科書がそれに当たります。

Chapter1 AdSenseの基本を押さえるの9項目の主な感想は、以下の通りです。

  • Googleが掲げる10の真実をベースに、Googleがなぜサイト運営者に厳しいのかを分かりやすく説明してある。
  • Googleのサイト運営者への収益分配率は、何と68%! 51%だと思い込んでいたため、改めてGoogleの良心的な姿勢に感謝。ネイ〇ーの分配率と比べよう。
  • まじめな運営者の学習法サイトが、AdSense停止を受けた話。この話は、知っていたが、初見の方は読む価値がある。
  • 有名だがファミリーセーフの原則。ポリシーが多すぎてわからないという方は、ファミリーセーフの原則を確認するとよい。
  • 無効クリックの検出によるペナルティは、初心者に多い。ずっとそうだろうと予測していたが、やはり事実だった(トラフィックが少ないから)。
  • Google AdSenseの審査基準(上述)。多くのサイトに書いてあることと、かなり違う。本当に意外だったのは、〇〇ン〇があった方が望ましいということ。
  • Google AdSenseの審査に落ちた記事の例。むべなるかな。

Chapter2 稼げるノウハウの30項目の主な感想は、以下の通りです。

  • 中級者には基本だが、ある種の属性の読者を狙うべきだという話。その属性の読者の検索行動が、具体的にデータから示され興味深い。
  • Google AdSenseの単価が、自サイトだけ上がる仕組み。何となくしか分かっていなかったので役立った。
  • 13のアクセスアップ論は、違和感。外注主体の大手メディアやアフィリエイターに寄った方法論に過ぎないと感じた。これが全てではないが、普遍性の高いChapter1からの流れで読むと、初心者の方は信じ込んでしまうのではないだろうか?
  • 14・22・24に書いてあることは、SEO上重要だが、なぜ項目をバラしたのだろうか? Google AdSense論に比べ、SEO論は、体系が崩れている。
  • アンケート記事の作り方は、役立った。
  • 真のまとめコンテンツ論がおもしろい。ネイ〇ーなんて参考にならないと、はっきり書いてある(笑)
  • なんとトレンドアフィリエイト(芸能人ネタなど)にも言及。Googleのサーチクオリティチームが大嫌いな手法のはずだが、触れてあるのがおもしろい(もっとも、元AdSenseチームの方でなく、共著者の方の担当部分と思われる)。
  • はてブがSEOに強い仕組み。これははてな―でも意外に知らないので必読。

このほか、Chapter3、4では、さらにGoogle AdSenseの裏側に触れられています。未読ですが、ざっと目次を見た限り、中級者に役立ちそうなネタが、多く含まれています。

【まとめ】『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』書評

f:id:travel_jarna:20180126211437j:plain

構成は良いです。

  • Chapter1、Chapter2 … 初心者向け。Chapter1は非常に、体系的・具体的で分かりやすい。Chapter2は、体系がやや乱れており、初心者の方は、何が重要かつかみにくそうだが、重要なヒントが数多く散らばっている。
  • Chapter2、Chapter3、Chapter4 …  中級者向け。Chapter2は、自分の実績と照らし合わせ、普遍的な方法論でなく、1つの方法論として読むべき。SEO論の順序だてが微妙なので、注意。Chapter3、Chapter4は、普通に面白い。例えば、Googleの施策で矛盾を感じるような部分について、Googleの内部組織のあり方が説明され、疑問が氷解する。また、気になるポリシー違反について特に詳しい。

※上級者の方でも、Googleのランクブレインの知識と、河井大志氏の担当と思われるプロの技24の記述内容をかけ合わせると、あっと驚いたりするかも。冒頭は初心者向けですが、結構深さもあります。

※福岡在住の方は、下のリンクを使用せず、ALSAのAmazonリンクから申し込むと、著者によるセミナーの参加が可能です(先着順)。

 

以上、『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense』書評でした。お粗末さまです。

筆者も、ブログ運営の教科書づくりに着手しました。ブログ運営は、最小限の原理原則をつかめば、要らない知識に翻弄されずに伸ばせます。

www.jarna.jp

豪雪記事。

www.jarna.jp