じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

安い宿の旅! 江ノ島シーサイドゲストハウス

広告

現在の人気記事 

【悲報】イケハヤ氏 VALUのトップページから速攻で削除される


安い宿の旅シリーズでは、いつでも旅行に行ける安い宿を紹介します。今回は、片瀬江ノ島にある、江ノ島シーサイドゲストハウス。江ノ島、湘南、鎌倉への旅行やビジネスまで幅広く使えます!

ゲストハウス(ホステル)とは?

ゲストハウスとは、ホステルとも呼ばれ、数千円で泊まれる共用スペースがある宿舎です。以下のような特徴があります。

  1. 部屋は相部屋。男女兼用または女性専用。
  2. 若者や外国人旅行者の利用が多い。出張利用は少なめ。
  3. おしゃれな物件が多い。たいてい場所は少し悪い。
  4. 部屋は寝るだけで、共用リビングがあり、コミュニケーションも可能。
  5. 食事の提供をせず、共用キッチンあり。
  6. 共用シャワーとトイレあり。
  7. タオル、歯ブラシなどの備品は原則なし。

部屋が相部屋でプライバシーが少なく、リラックスしにくいこと、またシャワーしかないことで疲れが取れにくいデメリットがありました。

江ノ島シーサイドゲストハウスは、1名3千円台、2名2千円台の低料金ながら、何と全室個室で、共用のお風呂つき!  備品もあり。ゲストハウス初心者や出張にも安心です。

【基本情報】江ノ島シーサイドゲストハウスのアクセスと概要

f:id:travel_jarna:20170315135931j:plain

片瀬江ノ島駅は、竜宮城スタイルの楽しい駅で、関東の駅100選。駅前にファミリーマートがあり、最後のコンビニとなります。

f:id:travel_jarna:20170315140149j:plain

切り立った崖に囲まれ、もとは修行の場所だった江ノ島を左に見て、海沿いに10分歩きます。途中スターバックスやファミレスがあります。

江ノ島シーサイドゲストハウスは、シーサイドと名乗りつつも、住宅地のなかにありますので、マップでの確認が必要。

※江ノ電の湘南海岸公園駅も利用できますが、道が多少難しく、コンビニが1つもありませんので、ご注意を。鎌倉からのアプローチなら、江ノ電経由は便利です。

f:id:travel_jarna:20170315141028j:plain

江ノ島シーサイドゲストハウスの外観です。2017年にオープンしたばかり。1階は共有スペース、2階、3階が客室です。

江ノ島シーサイドゲストハウス

  • 片瀬江ノ島駅より徒歩10分
  • 全部屋個室(1名~2名)
  • 共用キッチン、共用リビング、共用シャワー(バスタブ付き)
  • 備品あり(タオル、バスタオル、歯磨き)、Wi-Fi あり

江ノ島シーサイドゲストハウスの部屋

f:id:travel_jarna:20170315141511j:plain

ゲストハウスらしからぬ、ビジネスホテルのような廊下。突き当りにお手洗い(男女兼用1つ)、中ほどに洗面所(1つ)があります。2階には6部屋しかないため、並ぶことはありません。

f:id:travel_jarna:20170315141449j:plain

シングルルームです。ベッドはダブルサイズです。シーツは割愛で、薄いベッドパッドと、肌に触れる薄手の化繊の毛布を、毎回洗濯しています。

f:id:travel_jarna:20170316084604j:plain

ベッドメイクはセルフです。枕は柔らかめのタイプ。

f:id:travel_jarna:20170315141535j:plain

 ツインルームは、ベッドが横に並び、空きスペースは少なめ。

f:id:travel_jarna:20170315141556j:plain

空きスペースが欲しい方は、2段ベッドの部屋を希望すると良いです。 

江ノ島シーサイドゲストハウスの共有スペース

f:id:travel_jarna:20170316093041j:plain

共有スペースは、ソファーと長座布団で4~6人くらい。江ノ島シーサイドゲストハウスは全室個室のため、プライベート重視で利用する人も多く、さほど混雑はしないようです。

f:id:travel_jarna:20170316093347j:plain

キッチンは、清潔で、食器もそろいます。お茶とコーヒー、各種調味料は備えつけ。

f:id:travel_jarna:20170316093845j:plain

洗濯機は、1台は客室がない1階にありますので、騒音を気にせず利用できます。

ゲストハウスはもう伸びない?

ゲストハウスは、外国人観光客や大学生・20代の旅行者に支持されて伸びています。しかし、いくつかの問題があるため、今後数が増えると伸びなくなってくるはずです。

  • 部屋が相部屋、リビングも共有のため、終始気を使い休まらない。
  • 相部屋の客が深夜に騒ぐリスクがある。
  • 風呂がなく、シャワーのみが普通。順番待ちや時間制限も。
  • タオルなど備品は、原則なし。
  • 金庫・貴重品ロッカー未設置が大半で、盗難のリスクがある。

この状況で、4000円近くかかる場合も多く、ビジネスホテルの格安プランのほうが良い場合も多いです。

全体としては、外国人も含めマナーが良い人が多く、気を使える人が多いため、想像以上にトラブルは少ないですが、1割~2割程度のリスクはあります。自分の経験では、静岡県で深夜外国人が騒ぎ、オーナーが注意しても聞かなかった件、神奈川県で安宿代わりに使っていた建設業界のグループが、酔って騒いでいた件です。

ゲストハウスは、外国人や旅行客同士のコミュニケーションとおしゃれな建物が魅力ですが、その数点だけで押し切ってゆくのは、今後厳しいと思います。

ゲストハウスの問題点を解決した、江ノ島シーサイドゲストハウス

江ノ島シーサイドゲストハウスは、2017年オープンのため不慣れな部分があります(例えば、キッチンのお茶やコーヒーの置き場がわかりづらい、スタッフの声かけがほかのゲストハウスほど慣れていない、領収書をチェックアウト時に一から書き始めるなど)。女性の目が感じられず、小物や花、観葉植物の設置が課題です。また、壁は薄めです。しかし、ゲストハウスの問題点をかなりの割合で解決できています。

部屋は全て個室のため、プライバシーは確保されます。個室かつ、部外者の出入りは目立つため、盗難リスクも少なめです。万一忘れ物をしても、オーナーや直属の従業員が清掃に入るため、なくなってしまうリスクはないと思います。

※ただし、貴重品は常に持ち歩いてください。

www.jarna.jp

f:id:travel_jarna:20170316095533j:plain

シャワールームは2つあり、1つは浴槽つきです(いずれも男女共用)。お湯を張ってもかまわないとのことで、ゲストハウスとしては画期的です。シャワールームは、客室がない1階に設置のため、騒音も気にならず、利用時間帯の制限もありません。

玄関のキーを渡されるため、深夜の外出も可能です(コンビニは徒歩10分の片瀬江ノ島駅前、スーパーの京急ストアは徒歩1分、21時まで)。

f:id:travel_jarna:20170316100920j:plain

通常、ゲストハウスは備品を割愛する場合が多いですが、江ノ島シーサイドゲストハウスでは、カミソリ、ナイトウェア(浴衣)以外は全てつきます。ミネラルウオーターも。

f:id:travel_jarna:20170316105750j:plain

枕元に、コンセントはもちろんUSB充電のハブもあります。

f:id:travel_jarna:20170316101852j:plain

特に良いのが、部屋の照明です。LEDシーリングライトと呼ばれるもののようで、「くつろぎ」は白熱灯のような黄色いリラックスタイプの色、「おやすみ」は常夜灯、「読書」は、白く明るい蛍光色になります。

調べると、アイリスオーヤマ製で、最新機種はCL8DL/S-FEIIIです。

 

f:id:travel_jarna:20170316105904j:plain

写真は鎌倉のお土産です。

以上、江ノ島シーサイドゲストハウスの宿泊レポでした。江ノ島・湘南の観光、鎌倉の観光、横浜市でのイベントやビジネスのさいに、宿泊費を安く上げたいならかなりのおすすめとなります。

 

www.jarna.jp(リンクまたはタイトルはクリックできます)

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp