読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

桑田佳祐の「ラケル」のオムレツ カフェは全国に2つだけ

食と旅行

広告

新着記事 
都市伝説? プレミアムフライデー導入企業って本当にあるの?

所用があり、ららぽーと立川に行きました。千円以下の穴場レストランを発見。

ヒルトップ レイチェル カフェ ららぽーと立川立飛店

f:id:travel_jarna:20161122223236j:plain

ららぽーと立川のレストランは、基本的に千円以上と高級です。ヒルトップ レイチェル カフェは、1階の目立たない場所にあり、カジュアルレストランスタイル。

f:id:travel_jarna:20161122223511j:plain

チキンライスのデミグラスソースオムライスは、780円。相場が高いららぽーと内では、圧倒的なコスパです。

オムライスは、今流行りのトロトロタイプでなく、昔ながらの焼き加減。しかし、味つけが素晴らしく、その辺のトロトロに、影をも踏ませない出来上がりです。

王道チキンライスも素晴らしく、デミグラスソースも加わり、まろやかな優しい味ながら、クリアな主張を持った、優れたバランスでした。

f:id:travel_jarna:20161122224135j:plain

蒸したじゃがいもは、あえて味つけなし。塩で食べますが、しっかり味つけしたメインのおかずと好対照です。

オムレツに負けない魅力がある名物というパンは、バターがはさまっています。全体に、食材のコストを惜しまず丁寧です。ららぽーとは、ショバ代(家賃)が高いため、どの店も明らかにコストを下げていますが、際立って良心的でした。

桑田佳祐の歌詞に出てくる「ラケル」の別業態

「ヒルトップ レイチェル カフェ」は、桑田佳祐が2016年の6月に発売した「大河の一滴」に出てくる、オムレツ店「ラケル」の新業態とのこと。全国に2店しかありません。

※1店から、訂正しました。船橋にもありました。

宮益坂下って

小さな御嶽神社…

ラケルで

オムレツ

…行ったよね

「大河の一滴」より

 大河の一滴」は、5曲収録のお買い得のシングル「ヨシ子さん」に収録。

ラケルの店舗一覧

渋谷宮益坂店 吉祥寺店 丸井錦糸町店 新宿西口店 北千住マルイ店 池袋東口店 ららぽーと豊洲 テラスモール湘南店 大宮店 大宮丸井店 津田沼パルコ店 丸井水戸店 イオンモール各務原店 セントラルスクエア静岡店 イオンモール熱田店 名古屋スパイラルタワーズ店

※ほかに新業態 ヒルトップ レイチェル カフェ ららぽーと立川立飛店

歌詞に出てくる、渋谷宮益坂店の、最新のエントリーがありました。

f:id:travel_jarna:20161122234805j:plain

出典:emu diary

emu-late.hatenablog.com

ラケルパンは1個150円で持ち帰り可能でした

f:id:travel_jarna:20161122230106j:plain

ラケルは1963年創業。

f:id:travel_jarna:20161122230324j:plain

お店で出てきたラケルパンをまねし、バターを挟んで焼きました。少し焼きすぎましたが、自己主張しすぎない、上品な甘いパンです。

最近のオムライスは、トロトロがトレンドですが、これがウチの昔からのやり方という自負を感じました。パンも、今風のインパクトはありませんが、どこか存在感があります。

f:id:travel_jarna:20161122231153j:plain

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp