読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

ブラック企業予備軍?エンジニア希望の高校生が見た諏訪東京理科大学

広告

新着記事 
都市伝説? プレミアムフライデー導入企業って本当にあるの?

(^^)/ 請負業務で諏訪東京理科大のオープンキャンパスにエンジニア希望の高校生を引率してきました。彼らが垣間(かいま)見た情報工学の世界はどの程度ブラックだったのでしょうか?

山の中にある諏訪東京理科大

長野県の諏訪東京理科大はJR中央線の茅野駅からバスで15分ほど山に分け入った立地にあります。引率したエンジニア希望の高校生も想像以上の田舎ぶりに驚き、長野市の学校の方がいいとつぶやく生徒もいました(笑)

諏訪東京理科大

・長野県茅野市豊平5000−1

・工学部(コンピュータメディア工学、電気電子工学、機械工学)と経営情報学部

エンジニア希望の高校生に対してほとんど宣伝なし

諏訪東京理科大のキャンパスは山の斜面に建てられ、2階が1階につながるなど不思議なダンジョンの様相。ソーラーパネルが多数あり、1割程度の電力を担っています。太陽が近く山好きには素晴らしい健康的な環境。

f:id:travel_jarna:20160326172417j:plain

驚いたのがオープンキャンパスなのに大学の宣伝がほとんどなかったこと。最新のトピックスである公立大学化の動きを説明したくらい。仮に公立にならなくても学費は最安値クラスとのこと。

説明は10分くらいで終わり研究室によるプレゼンテーションが始まります(教授のほか学生もサポートで参加)。最も高校生の注目を集めたのが、ある研究室が扱っているルービックキューブを解くロボット。プログラムに沿って動くマシンはわずか1分ほどでキューブを完成させました。しかし盛り上げ要員として競争した教授が30秒ほどで完成させ速さでマシンを圧倒。まあプログラミンングされた内容を分かっている人だから当然なのですが、興味深い展開です。このほか諏訪のポータルサイト作りなどの研究も紹介されました。

全体として学校の説明でなく、誰もがここに来れば「これまでと全く違う生活体験を得られること」を遠まわしに印象づけるプログラム(決してあなたもできるなどとは言わず淡々と学生の研究成果を見せていく感じ)。高校生の感想を見ても「難しそうだがワクワクした」「ここで頑張れば就職できそうな気がする」など狙い通り。

オープンキャンパスでは簡単なゲームをプログラミングさせる学校もあるのですが、諏訪東京理科大は「簡単にできること」を提示しなかったことにも感心。誰も自分が簡単にできることしかできないやつだとは思っていないので。

つまらないが重要なことも外していない

f:id:travel_jarna:20160326175527j:plain

ここに来れば就職にもつながり、何よりそれ自体わくわくする生活体験を得られる。諏訪東京理科大はそれを伝えることに終始したわけではありません。情報の歴史もコンパクトに説明されました。

・1970~2000年 ハードの時代(IBM、HP、Fuzitu)

・1985~2010年 ソフトの時代(MS、Just System、Lotus)

・2000年~ サービスの時代(google、DENA、Rakuten)

これらは高校生にとって必ずしも興味深い話ではなく反応は良くありませんでした。しかし、彼らが大学で何を学ぶのかを決断する時に、今後も永続性のある技術を考えつつ研究テーマを選ぶために、情報の歴史を見せておくことはとても重要。これをパスしたら、彼らはユーチューバーにもっとも可能性を感じてしまうかもしれません。高校生ウケが悪い「歴史学」をパスしなかった点にも良心を感じました。

諏訪東京理科大が紹介した「諏訪のポータルサイト」は高校生には難しい技術が使われていました。しかしポータルサイトは「はてなぶろぐ」でも作成できます。エンジニア希望の高校生が作っていると分かれば、本物のエンジニアがいろいろとコメントしてくれますよと大学を出てから伝えましたが、実践してくれるでしょうか?

経営学を駆使したプレゼンテーションの手法?

諏訪東京理科大は経営情報学部を持っています。そのため最新のマーケティング手法かなにかを駆使しているのではないかと思い、後から入試課の人に尋ねてみました。すると、毎年オープンキャンパスを重ねるたびにこの形ができてきたとのこと。実質的に顧客の立場に立ち施すことを指針に行動すれば、ほぼ自動的に的確なマーケティングになるということのお手本だと感じました。

これは他のジャンルにも応用できそう。

まとめ

・顧客の生活やそこはかとなく気にしていることを正確に理解しているかどうか。

・それに対するソリューションを、押し付けたりPRしたりすることなく自然に伝えているかどうか(結論に誘導するのではなく、結論の手前まで飛び石を置き、最後はユーザーに飛んでもらう感じ)。

・貢献主義を突き詰めることで、自然に適切な情報伝達やPRとなっているかどうか。

※筆者ド文系のため用語のニュアンスの違いなどあればご容赦ください。

ジャーナ(^^)/

www.jarna.jp