じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

福島・相馬からGⅠを目指すNHK『絆~走れ奇跡の子馬~』が必見!

広告

現在の人気記事 

名古屋の星 スガキヤラーメンを求めて富士宮に行ってきました!


福島県の相馬地区をご存知ですか? 東日本大震災の津波や福島原発の被害を受け、復興が進み、「相馬野馬追(そうま・のまおい)」でも知られる地域です。福島・相馬からGⅠを目指す、NHK『絆~走れ奇跡の子馬~』が必見です!

福島・相馬への道のり

f:id:travel_jarna:20170323220938j:plain

首都圏から福島・相馬地区へ向かう場合、現在は常磐線が分断されており、仙台周りになります。

f:id:travel_jarna:20170323221047j:plain

常磐線の海側は、津波で大きな被害にあいました。現在、ようやく更地となり、道路などが敷かれつつありますが、町は安全な高台に移りつつあるようです。

f:id:travel_jarna:20170323221227j:plain

相馬駅は、真新しく建て直され、駅内には「相馬野馬追」関連の、展示があります。

f:id:travel_jarna:20170323224427j:plain

相馬駅に展示してあった、「相馬野馬追」の写真です。

f:id:travel_jarna:20170323221612j:plain

2月に南相馬市の高校(仮設校舎)に、受験指導に伺ったばかりです。遠方の仕事は断ることもありますが、福島の原発周辺の仕事は、どんな条件でも全て請けています。写真の高校は、4月からは、新しい校舎に移ります。

NHK『絆~走れ奇跡の子馬~』(前編)

f:id:travel_jarna:20170323221426j:plain

出典:絆~走れ奇跡の子馬~ | NHK 特集ドラマ

NHKでは、3月23日(木)、3月24日(金)の2夜連続で、福島・相馬地区を扱った、『絆~走れ奇跡の子馬~』が放映されます。東日本大震災からの復興や人のつながりがテーマになっていますが、全体に明るいトーンで、ストーリーも興味深くおすすめです。

『絆~走れ奇跡の子馬~』前編のまとめ 

  • 役所広司演じる「父」は、相馬地区で競走馬を育てていました。
  • 競走馬の育成は、北海道が質・規模ともに高く、無謀とも言える挑戦です。
  • 東日本大震災の日、仔馬の出産に立ち会っていた長男が津波にのまれます。
  • 遺された仔馬や、地域で面倒を見られなくなった馬たちを「父」は育てます。
  • 仮住まいで炊き出しに頼るなか、人々は馬にこだわる「父」に批判的です。
  • 復興のさなか、周囲の反対を説き伏せ「相馬野馬追」の開催にこぎつけます。
  • 「父」はその後も、競走馬にこだわり、疲弊します。理解者だった妻は……。

今日は群馬県の温泉の記事をエントリーしようと準備していましたが、その予定を飛ばして『絆~走れ奇跡の子馬~』を紹介しました。競走馬の産地としては決して強くはない相馬からG1馬が出るのか、家を出ていった奥さんは、果たして帰ってくるのか? 東日本大震災からの復興が進む、相馬地区や福島県を応援するためにも、ぜひ見てみてください!

『絆~走れ奇跡の子馬~』 後編:3月24日(金)NHK19:30~20:43

 

yururiururi.hateblo.jp

『絆~走れ奇跡の子馬~』は、こちらのエントリーで知りました。ご紹介有難うございます。

www.jarna.jp

相馬に行ったときの記事です。

www.jarna.jp

 別の日に相馬地区とは逆、原発の南側にある楢葉町に行ったときの記事です。超穴場の海が見える温泉に宿泊しました。