読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

PDCAサイクルを回すとか言ってるやつ馬鹿なの?古いよね

広告

新着記事 
都市伝説? プレミアムフライデー導入企業って本当にあるの?

全体に上から目線の文章に「このあとPDCAサイクルを回していけば良い」なんて書いてあることがある。馬鹿じゃないかと思う。PDCAは「計画的にやってみて反省したら次行こう!」っていう話だと思うが、小学生レベル。ドッヂボールで生き残るための個人的戦略とか、セミ取り大作戦とか、下手をしたら保育園児でもやっている。念のため新入社員にLINEで本音を聞いてみたが「pdcaってダサいですよね」「普通に考えられる子たちなら誰でも出来ますね」と戻ってきた。受験勉強なんかはPDCAそのもの。

勇気がある人は受験生に「ビジネスマンが教える受験勉強の秘儀」とかのタイトルで講演してみればよい。「受験勉強成功の第一歩はPLAN、すなわち計画です!!!」 ……会場静まり返る。(え?)(知ってるけど……)(やってるし)(懐かしい響きナリ)(馬鹿なの?) ちょっと冷静になってくださいということ。確かに忙しいビジネスマンは、計画を文書化せずにGoしてしまい、あとからチェック不能になることがあり、警句としては理解できなくはない。PDCAの創案者のひとりエドワーズ・デミングは、PDCAをあとからPDSAに改め、チェック程度でなく研究(Study)だと訂正してるようだが、その意図を汲み取って言いかえる人は少ない。ビジネスマンは仕事量が多いので、研究(Study)はおろそかにしがち。下手をすると評論家ぶっていないで足を使えと言われかねない。

PS 結局PDCA(改めPDSA)は、「ビジネスマンはPS(計画と研究)せよ」の方が警句としては機能すると思う。会社で働くと仕事量が多くDとA(行動と改善処置)の行動系に追われ、PとSの思考系がおろそかになる。思考系ははたから見るとパソコンの前で思考停止しているように見えるのが難点。日本企業はまだイケイケなところがあるから、もっとPSをやらないといかん。蛇足だが警句は3つ以下か5つの要素にしてくれ。PDCAみたいな4つはキモくて直感的に避けたくなる。

www.jarna.jp