じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

パリス吉祥寺新宿店どこ?~その歴史と現在~

広告

現在の人気記事 

【悲報】イケハヤ氏 VALUのトップページから速攻で削除される


東京以外の人にとって分かりにくいのが、明大中野八王子高校。中野にあるの? 八王子にあるの? どっちなの?となってしまう。そして、もっとわかりにくいのが、ブランドショップの「パリス吉祥寺新宿店」。パリでも、吉祥寺でもなく、新宿にある(はず)。

パリス吉祥寺 その栄光の歴史と現在

「パリス吉祥寺新宿店」は、パリでも、吉祥寺でもなく、新宿にある(はず)。あるはずというのは、同族企業であるパリス吉祥寺の社長がインターネットに詳しくなく、何とホームページが存在しないのだ。かつてはテレビCMも流していた会社だが、今現在、どの店舗が営業していて、どこが閉店しているのかも不明瞭な状況。

googlemapによると、現在は、本店(田無)だけが、細々と生き残っている様子。新宿店はとうに撤退。ブランドイメージの根幹をなす吉祥寺店(地図:印)は、最後まで踏ん張っていたが、2009年頃、撤退。「チェーン店」という砦を守るべく奮闘していた、石神井店(石神井公園)も、2014年に撤退。

写真:パリス吉祥寺本店(田無駅)

本店は、本社機能を兼ねる

写真:パリス吉祥寺石神井店(石神井公園駅)

このビルに、パリス吉祥寺が入っていた模様。

バブル期のパリス吉祥寺

バブル期には、パリス吉祥寺はテレビCMを打っており、社長の小さな娘が出ていた(1990年頃)。

パリス吉祥寺の本店は、吉祥寺ではなく、田無である。そのため、パリス吉祥寺吉祥寺店が存在した。これは、東京の学校名で言う、明大明治、東邦大東邦のような、違和感(あるいは心地よいしつこさ)がある。

ちなみに、地名には権利がないので自由に使えるそうだ。「早稲田」は、新宿区の地名。早稲田塾も早稲田予備校も、地名を使ったまでで、早稲田大学とは特に関係がない。ブランドを浸透させるには、巨額の費用がかかる。地名を使うことで、意地汚いほどショートカットができる。丸亀製麺のことではない。

パリス吉祥寺の栄光よ、永遠なれ。