読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

私の嫌いなサイト・ブログ一覧

増田風

広告

新着記事 
都市伝説? プレミアムフライデー導入企業って本当にあるの?

2016年7月現在の私の嫌いなサイト・ブログ一覧を個人的にメモ。

嫌いなサイトやブログ(思いついた順)

・ネイバーまとめ

理由 一生懸命書いた個人ブログを無断引用しているのに、検索結果に上位表示されている。しかもまとめ人がもらえる報酬も少なめ。誰得?個人的には「ドロボーまとめ」と呼んでいる。同じ系列のブロゴスは「ドロボス」と呼んでいる。「自社ではコンテンツを生み出さない。なぜなら儲かるからだ」というスタンスが苦手。LINEは使ってるけど。

・オールアバウト

専門家が書いているがこだわりを感じられず、すべてに対してアバウトなムードが漂っている。結局原稿料いくらで書かせると、早く仕上げたいというモチベーションが働くのではないか。個人サイトのほうが好き。あと数回ページ遷移しないと読めない導線も苦手。

・ヤフー

大手スポーツ紙などの芸能ニュースばっかり。大手プロダクションお抱えの人気落ち目女性のタレントのニュースが無理やり配信されているのも痛い。あとスマホで「Yahoo! Japan広告」の表示を右下に置くの、それズルです。ついでにキャプチャー写真がないニュースが目立つけど、最大手ニュースサイトなのだからそのくらい提供社に準備させて。あとヤフーメールがいつも重いので、やる気があるのか伺いたい。

・オモコロ

ファンが多いようなので言いにくいが、あまり面白くない。そもそもウェブサイトに面白さを求めていない。ARuFaを取られてしまったのが残念。個人ブログ続けてほしかった。

・ライブドア

嫌いというほど嫌いではないが、最初の「ざっくり言うと」の存在意義が不明。違和感があり立ち止まってしまう。せっかちなスマホユーザーに便宜を図ってと言いたいのだろうが、かえってロスを生んでいる。本記事のリード文眺めて読みたくなければ戻るから余計なお世話はしないでほしい(読点はあるが句点がないという変な文体にも違和感)。例 オードリーの若林正恭が10日のラジオで、春日俊彰の近況を明かした

・アメーバブログ

スマホで見た際に下のほうでカクカクしている広告が出るようになってから1度も見ていない。落ち着いて本文が読めない。

・まじまじパーティー

ふざけた感じのブログタイトルから読んだことがないが嫌いなブログ。しかし、ここで宣言する前に念のために数記事読んでみたらそれほど悪くなかった。ちょくちょく訪ねたいとは思わなかったが、このブログは女性向けの様子。

嫌いなサイトやブログは以上(まじパは別に嫌いではなかったが)。結局人気サイトばかり挙がった。良くも悪くも注目されているということか。

好きなサイトやブログ(思いついた順)

・はてなブログ

きちんと書かれているブログが多い。Googleとはてな社(村)は、あるべきインターネット像への考え方が瓜二つ。アフィリエイト、オリジナリティのない低品質なブログ(芸能トレンド系)、広告への考え方など。ほとんどすべて賛同できる。

・はてなブックマーク

どうでもいい芸能ネタなどが上がりにくい。いろいろ批判もあるが、やはり高品質なハブサイト。

・アルファの日記

ネットに面白さは要求していないけどこれだけは見る。面白いから ←え

ARuFaの日記

・やぎろぐ

読みやすい。無駄な文が極限までそぎ落とされリズムが良く、文も写真も重複がほぼない。googleのサービスが、速さを誇示するためにこれ見よがしにシュパッと画面遷移するのと近い感じで、シュッと読める。まさにスマホ時代の申し子。旅行や食べ物ネタが多く、人間的にも好感が持てる。

※読みやすい文は読点が2つ以下が基本だが、やぎろぐは読点ひとつがベース。またあえて平仮名を多用している。見た感じよりは、かなり文体について考え込んだ形跡を感じる。

やぎろぐ

・購読中のはてなブログ

購読中のものは当然好きなブログ。食べ物系やキャリア系が多め。 

www.jarna.jp