読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

アフィリエイトサイトが売れない理由

広告

新着記事 
都市伝説? プレミアムフライデー導入企業って本当にあるの?

テレビのCMを見ていて、ちょっと書いてはいけないことを、思いついてしまった。ガストの、広島牡蠣(かき)メニューのCMである。海辺で、広島の漁師さんたちが、「わしらの牡蠣(かき)よろしくね~。ガストさん」と合唱するやつ。これを見て、ちょっと書いてはいけないことを思いついてしまった。

f:id:travel_jarna:20161105095251j:plain

写真はイメージです

ガストのCM。これ、ガストが広島の漁師さんたちの、良いイメージを盗んでるだけじゃないか?そもそも、CMの本質は、出演者のイメージを盗むことにあるのではないかと。

これはガストに限らないが、企業がCMを打つということは、大まかに言えば、商品に自信がない、あるいは過小評価されていると感じてるっていうこと。だから大企業は、好感度の高いタレントを高い費用を出して使う。イメージを盗むために。イメージを盗めなくなった、ベッキーが、一瞬でお払い箱になったのは、そんな事情。キムタクですら、一連の騒動でタマホームのCMを失ってしまった(公式見解は、あくまで中断だが)。

CMっていうのは、当たり前だけど、その商品のヘビーユーザー以外に向けられる。ガストの場合、ヘビーユーザー以外は、「安いけど、メニューも普通だし混んでて騒々しい」というイメージではないだろうか?だから、広島の漁師さん(米田さんという名前もCMに出てくる)のイメージを盗んでいる。少し穏当に言えば、良いイメージを拝借している。実際には、最近のガストは、健康メニューも増えてきたし、結構良くなっている。でも、ヘビーユーザー以外は知らないだろう。

一応、CMの本質は、出演者のイメージを盗むことにあると仮定してみる。

すると、やぎログである。

www.jimpei.net

唐突すぎる展開ついでに、説教口調が疲れてきたので、文体も変えます。

やぎろぐの話です。

若手人気ブロガーの代表格、やぎろぐのPV数(購読ページ数)は月に70万。とある分類ではセミプロ以下。でも、収益性は高い。なぜかなと思って調べたところ、「Pairs」(恋人探しサイト)紹介がもっとも稼いでいる案件と、分析した記事がありました。最大20万円稼いでいるとか。この辺を根拠に、やぎろぐアンチが生まれているかと思います。

ただ、やぎろぐ本体の記事をよくよく読んでいくと、Amazonでの商品紹介がかなり上手な気がします。ノートパソコンやクロームブックを紹介した記事は、ヘビーユーザーとして信頼感があり、自分も参考になりました。もしかしたら、Amazonでの収益が、常識を援用(えんよう)して低く見積もられ、帳尻が合うように「Pairs」が加算されているのではないかと。それでやぎろぐ本人に、遠回しなやり方で金額を聞いたんですが、風評より低めでした。

たぶんAmazonの成約率が異常なのですが、その理由は簡単で、顔出しです。アンチやぎろぐの方もいらっしゃるので、やぎろぐは忘れてほしいのですが、一般に、特に顔出ししている、好きなブロガーが商品(化粧品、電化製品など)を紹介していれば、信用度が上がりますよね。買う側から見れば、よく分からない商品の信用度を、補う存在ですし、企業側から見れば、過小評価されている商品について、紹介者のイメージを盗めるということです。

少し前は商品の口コミで判断した人が、多かったと思いますが、いまはネット上に分量が多すぎますし、ステマの混入でその価値は、下がってきています。芸能人が勧めれば良いというムードもなくなりつつあるいま、特に素性を明らかにしている、市井(しせい)の紹介者の発信力が高まって行くと思います。

すると、世のアフィリエイトサイトが、全然ダメって即答できますよね。だって、どこの店で店員がフルフェイスヘルメットで販売してますかって、話です。もう素朴過ぎる疑問として、商品に自信があるのなら、なぜ顔や名前を隠すんですかって話です。

googleはその辺の流れを、読んでいるのではないでしょうか?

最近はソーシャルやFeedy等のお気に入りから訪問者が訪れてくるブログのGoogleにおける評価が高まっている。アフィリエイトサイトなど、リピーターが少なく、検索エンジンからの訪問者の多いサイトは様々な要素から検索順位の維持が難しくなっている。

www.bloglifer.net

そう思ったのは、 踊るバイエイターさんのエントリーを見て。すごくシンプルに考えて、店員がみな顔を隠している、ラーメン屋さんがあったら、毒でも盛られるんやないかと思いますよね。商品紹介のペラサイト(1ページしかないサイト)だけで、バンバン売れたのは、ネットが進化する過渡期の話。顔や名前を隠して売り抜けるのも、徐々に過去の話となってくるのではないかと、思うわけです。NAVER まとめも、コンテンツ不足時代の中継ぎの役割を果たしたあと、現在は順位落とされていますし。

やぎろぐは、よくネットビジネスが分かっていないと、批判されます。その程度でサロンやるのかと。しかし、当のGoogleが、アフィリエイトサイトより、やぎろぐみたいな運営方針が上だと、ジャッジしている面はないでしょうか?順位が落ちた落ちたと言われていた「薄い財布」案件も、関連記事が薄々にもかかわらず、最近は検索結果1ページ目に定着しています。記事わずか2本で1ページ目取られたら、覆面アフィリエイターはやってられんでしょう。

ただ、食べログかなんかで見て、初めてのラーメン屋さんに行くにあたって、店主の顔を分かっていないように、会社員の副業でも大丈夫かと思います。ユーザーが、顔出しをしていない発信者を判断する材料はいろいろありますが、自分は、文体、ミッションステートメント、アイコンの影響を受けていると感じます。

shijinblog.hatenablog.com

例えば、SHIJIN BLOG(id:gustave_buzz)さんなんかは、丁寧な敬体がメインで落ち着きのある文体の効果は大きいかなと。あとミッションステートメントの「私のブログを通して叶えたい夢は社会的な弱者や不適合者であっても、社会の枠に囚われず個人で胸を張って生きていけるそんな生き方を証明する事です」も、わるい感じはしませんし、アイコンも、好き嫌いはあると思いますが、悪意は感じません。

実際にSHIJIN BLOGさんのnoteは、出てすぐに購入しました。

www.jarna.jp

はてなブログのブロガーは、皆さんプロフィールがしっかりしているので、評価されやすい方だと思います。

まとめ

CMの本質は、出演者のイメージを盗むことにある

アフィリエイトはCMである!

よって、盗まれるようなイメージを形成しなければならない。

顔出しが王道だが、それに近い手段も存在するので、副業でも大丈夫!

 

書いてみると目新しい結論ではなかったのですが、CMの本質は、出演者のイメージを盗むことにあるという見方は、自分にとって発見だったので、「増田風」(問わず語り)カテゴリーでエントリーしてみました。

でも「ブランディング重要!」みたいに、言葉で分かったつもりになっているのは、違うと思いますよ。情報商材販売者のセールスレターや動画を見ればすぐ分かります。たぶん分かってない。

ブコメご指摘ありがとうございます。現状、検索経由で既存のアフィリエイトサイトが結果を出しているのは、良く分かっているのですが、Googleは現状に満足していないのではないかという、エントリーでした。5年後くらいの未来予想。バックリンク王国がここまで崩壊するとは、5年前には誰も思っていなかったはず。

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp

f:id:travel_jarna:20161104193356j:plain

ちょっと冒頭で批判した感じになったので、念のためにガストの牡蠣を食べてきました。799円の辛口チゲうどん入りです。趣旨から外れるので簡単に書きますが、ごま油が上手に効き、コチュジャン、キムチのアシストが強力。半熟たまご、おぼろ豆腐も良く、おすすめ品でした。牡蠣が少なめですが、合格点です。

f:id:travel_jarna:20161104210431j:plain

健康志向の方には、糖分控えめバニラアイスケーキ(299円)もおすすめ。低糖質アイスは、どこもまずいですが、かなり工夫されています。レディボーデンから、卵を抜いた感じ。

 

実はもう1つ書きたいことがあったのですが、マニアックなためここから追記します。

私のように、アフィリエイトに興味があるのに、手が進まない人は、たぶん頭が固いのではないかと思います。良く言えば、正義感が強すぎ。

www.jimpei.net

例えば、やぎろぐで、IKEAのインテリアを紹介しています。たぶん、9割の人がIKEAなら全然問題ないと思うのですが、頭が固い人は、IKEAって壊れやすいから、いくつかの引越し業者がNG出してるよね、と否定的な情報を思い出してしまうのです。

この辺は、googleでも問題になったようで、スローガンDon’t Be Evil(悪事に手を染めるな)を、Do the Right Thing(正しいことをしなさい)へ、解釈の修正を行ったようです。

※Don’t Be Evilを撤回したわけではない。カッコ内の日本語訳は筆者。

確かに、Don’t Be Evilだと、IKEAって壊れやすいから、絶対推せないよね、となってしまいます。でも冷静に考えれば、IKEAの大型家具を新品で買うような人は、そうは引っ越さんだろうと。紹介して役立つ人いるよね、と考えるDo the Right Thingの方が、ビジネス上は相性が良いのかなと思います。「アフィリエイトサイトが売れない理由」以前の、そもそも手が動かない理由として、Don’t Be Evilを意識し過ぎ、というのもあるかもしれません。

ほぼ全商品を徹底的に批判している、週刊金曜日の『買ってはいけない』なんて、Don’t Be Evilの権化(ごんげ)ですけど、彼ら1円も稼げないですよね。原稿料以外。もちろん渡辺雄二的な生き方もカッコイイとは思いますが。

 

www.jarna.jp