読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

子離れできない母親は死んでください

増田風

広告

新着記事 
都市伝説? プレミアムフライデー導入企業って本当にあるの?

インターネットでたまに大学受験相談の仕事をしていて対処が難しいのが保護者からの相談。そもそも保護者が相談に来ている時点で難関大はほぼないというのが実状だが、そうとも言えず「保護者様が要所要所で手助けすることも大切ですが、主体性を持たせると一転成功することもありますね」程度の言い方しかできず、歯がゆいところ。本当は「ないですね。お母様が動いている時点で」と強く言いたい……。

また「うちの子はもともと数学が得意で。いろいろと事情があって……」などの親の欲目も扱いが難しい。「だって、センターで取れてないでしょ?それが全てです」とは口が裂けても言えない。センター試験が不公平だと思っているのは、安倍さんくらいで、あの試験は何度やっても実力通りに並ぶネ申試験。改革する必要など1ミリもない。大学受験は成功しても失敗してもすべて本人のもの。親や講師は壁紙程度のもの。壁紙は壁紙らしく素直に貼られていればいいし、母ちゃんは美味しいご飯を作っていれば良い。ただ親の欲目が否定しきれないのは、過去に親の欲目の方が正解だった例もなくはないから。(講師たちはあきらめていたが)親が1ミリも否定しないので、本人は模試の成績表より親の評価を信じて頑張りぬいて成功した例がある。

そんなことを話していたら、小さい子のお母さんが「なるほど~壁紙ですね!壁紙のようにそっとそこにいる親になれるよう精進します!」って。ちょっとちょっと、それはまだ早いよ。高校入学までは壁紙にならなくても良いと思う。すごいと思うお母さんは、中3までは徹底的に子と戦い正していて、高1になるとすーーーーーーと引く人。上の子で経験済みなのだと思うが、さすがだと思う。だめだと思うのは中学受験の「母親の」成功体験を引きずりずっとつきまとう母ちゃん。どんなに健康でも子どもより早く死ぬんだから……。でもいずれにしても最強なのが、どうであれ1ミリも子を疑わない母親。そういう母親ほど表面ではうちの子は出来が悪くてコノヤロとか言ってるが、心の奥では地球が滅びる1秒前まで信じるというスタンス。このタイプの家の子は無敵!!!!!

www.jarna.jp