とらべるじゃーな!

#別な人が作る社会に引導を渡す

たまにはブログらしく。町田の体罰について書いてみる

とらべるじゃーな!です。実は、私のビジネスモデルは、冬場は収益が上がりにくいです。そのため、焦りからか、最近はアクセスを狙った記事ばかり。今日は時間ができたので、久しぶりに、ブログらしいブログでも書いてみます。

町田の体罰事件

f:id:travel_jarna:20190126205847j:plain

元予備校講師のため、現在は高校に呼ばれて、講演や受験指導に行くことも多いです。そんな立場から、町田の体罰事件について。

挑発された先生が生徒の顔面に右ストレート、倒れた後も引き摺り回す 都立町田総合高校 | 日本の科学と技術

事実認定は、客観性が感じられた上の記事から。現地取材やインタビュー等は行っていません。

日蓮宗のお坊さん「人が争うのは、全て自己保存のためなのです」

f:id:travel_jarna:20190126202545j:plain

今日、テレビを見ていたら、日蓮宗のお坊さんいわく「人が争うのは、全て自己保存のためなのです」とのこと。なるほどね。

  • 男子生徒は、何かを主張したくて、あるいはちょっと大人に見られたくて、ピアスをつけた。校則に反していたが、こうなりたい自分を維持するのに、ピアスは必要だった。
  • 男子生徒は、友人に「これから(先生を挑発)する」と宣言していたという。もし事実なら、彼にとって、それが友達関係のなかでの、自分のプレゼンスを保つのに必要だったのかも知れない。
  • 先生は、保健体育(生活指導)担当とのこと。少し難しい高校ほど、保健体育の先生の役割への期待は大きい。学年集会で全員を静かにさせることができるのは、保健体育の先生だけ。「その小さい脳みそでよく考えろ!」とほかの生徒の前で言われては、自分の威厳や役割を保てない。何とかしようと思ったのも理(ことわり)。

生きることそれ自体が素晴らしいことだとすれば自己保存の本能は、すべて善と考えることができる(※)。生徒も、級友も、先生も、そして先生を庇(かば)わない校長も、明日も自分の認めるところの自分であるために、ピアスをつけてみたり、暴言を吐いてみたり、暴力を振るってしまったり、部下を見捨てたり。

(※保坂和志がそう言っている)

組織とはそんな場所なのかも知れない。「人が争うのは、全て自己保存のため」なのだが、たった1割でも良いので、相手の生きてきた人生を考えてみればよかった。相手の生き方にまずは興味を持って、まずは認めてみる。そして、その立ち位置に至ったストーリーを聞いてみる。

先生は、なぜ体育の教師を選んだのですか? そのピアス、なかなかいいじゃないか。どんな風に選んだの?

あまり部外者が分かった口、利くもんじゃないよ

f:id:travel_jarna:20181223105256j:plain

ほとんど読んでいないが、さまざまな人が、今回の体罰事件について、意見を述べている。もちろんそれは自由だし、私もそうしている。ただ、あまり部外者が分かった口、利くもんじゃないよとも思う(私も部外者)。

東日本の高校は、講演や受験指導に呼ばれれば行くようにしているので、それなりの高校に行ったけど、はっきり言って、神奈川の都市部やあのあたりの高校は、東日本一、指導が難しい。これは話してみれば分かるけど、高校の先生をして、まず全員を静かにさせるのにとても難儀する環境(が多い)。生徒の状況は、ほかの地区にないほど厳しい。

なぜか? 1つには、家庭が学校を信頼していないことがあると思う。学校はサービス業。先生に何かされたら、すぐ家に言いなさいという親が、多いと思う。

このような環境のなか、多くの先生は、生徒に踏み込むよりは距離を置き、尊重あるいは、なかば放置をするような形で、担任の1年間をやり過ごすしかないように見える(私は高校教諭ではないので、傍から見た推測だが)。先生と教え子の信頼関係は、教諭の宝だが、部分的には諦めるしかないだろう。

そのなかで、生徒のピアスと向き合った、あの先生は異質だ。もしかしたら話が通じるかも知れないと信じ、生徒とやりあう人は、少し珍しいのではないかと思う。また、いまどき不良張りに、先生を正面から挑発する生徒も少し珍しい。

10年たって、あの時はお互いにイキッてたな、と酒を酌み交わす日が来ると良いと思う。

 「人が争うのは、全て自己保存のためなのだ」 相手への恨みは、実はない。 

 

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp