じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

YouTuberヒカル 高卒に夢を与える新事業の危険性

広告

現在の人気記事 

名古屋の星 スガキヤラーメンを求めて富士宮に行ってきました!


人気YouTuberヒカルの高卒に夢を与える新事業の危険性について、炎上系YouTuberのシバターやみずにゃんの意見を紹介しながら、イケハヤ、やぎろぐとの共通項も指摘します。

YouTuberヒカルの高卒に夢を与える新事業の危険性

※動画 時間がない方は、7:00から見てください。

ヒカル … 祭りでテキ屋の300円のくじを15万円分買い、大当たりが出ないことを証明し、テキ屋と対決した動画が人気のYouTuber。会社役員としても知られている。

ヒカルさんは、最近人気のYouTuberで、チャンネル登録者は、新興勢力ながら約200万人。小中高生の大半は、ヒカルを知っているはずです。

  • 姫路出身、兵庫県在住。
  • 26歳にして会社役員。子どもの尊敬を集めている。
  • 執行役員を務める株式会社VAZは、「インフルエンサーを利用した若年層対象のマーケティング企業」を標榜。

YouTuberヒカルの高卒に夢を与える新事業とは?

※動画 時間がない方は、下の要旨を見てください。

5月26日、ヒカルさんは、新事業を始めるという動画をアップしました。

  • 学歴がないと、製造業・運送など働き先が限られる。
  • 高卒など、学歴がない人と、企業を結びつけるサービスを立ち上げたい。
  • 大学を卒業しないといけないと行けない、主にIT企業を紹介したい。

具体的には、ヒカルさんのYouTubeで、おすすめのIT企業を配信するそうです。能力があっても、高卒で埋もれてしまっている人材を世に送り出すという理念ですが、シンプルに言えば、転職のあっせん事業となります。

シバターが訴える、ヒカルの高卒に夢を与える新事業の危険性

※動画 時間がない方は、下の要旨を見てください。

シバター … 他の配信者に噛み付く、炎上系のYouTuber。出世作は、HIKAKIN(ヒカキン)が出版した本を、中身がないとこき下ろし、ライターで火をつけて燃やした動画です。YouTube界の焚書坑儒として、歴史に名を残しています。

シバターには、アンチが多く、動画にはブーイングが多くつきますが、最近は「よく聞くとまともなことを言っている」と再評価の向きもあります。実際に会った人によると、本人は至って常識人で、礼儀正しいそうです。

シバターは、ヒカルの高卒に夢を与える事業の危険性を語っています。

  • YouTuberは、夢の職業ではなく、偶然性が高いビジネス。子どもたちを煽るわけにはいかない。ヒカル氏にも、夢を煽る方向性を感じる。
  • 夢は呪いである。例えば40手前でお笑い芸人をめざす人は、夢を手がかり(言い訳)に、フリーターを続けているが、現実逃避ではないか。
  • ヒカル氏自体に能力はあるが、能力を高める努力を抜きに、夢を煽るのは危険。

ヒカル氏は、新事業としてIT企業への就職あっせんをうたっており、YouTuberになれと話しているわけではないため、論点にずれはありますが、夢は呪いである、という指摘は、非常に鋭いです。

勉強と仕事は、全く別のものなのか?

ところで、勉強と仕事は、全く別のものなのでしょうか? ヒカルさんは、次のように主張します。

  • 自分は、勉強ができなかった。しゃべりがうまいことを生かして、今の地位を得た。
  • 仕事は、勉強とは違う
  • 自分のように、学歴がないゆえに、くすぶっている人にチャンスを与えたい。

挫折から這い上がった若手事業家は、総じて、勉強と仕事は全く別という捉え方をします。しかし、そもそも彼らは、学生時代、環境その他の外部要因から、勉強に目が向かなかっただけで、取り組めば成果を収められたはずです。これは、彼らの話す内容の質から明らかです。

コミュニケーション力は、重要ですが、それだけでうまくいくのは、就活と入社数年程度。その後は、地頭で差がつきます。

  • 物理や化学は、工学系の職業とキャリアに直結している。
  • 国語力や、文系科目で得る発想法(ものごとを分類し、グループの本質をつかみ、既知の似たものを探し当て、その知識を援用する力など)は、どの職業でも使う。
  • 英語力があれば、ビジネスの規模は約13.7倍になる(英語人口から)

もう1つ、ヒカルさんが知らないであろう根拠を1つ挙げておきます。高卒就職は現在、面接での採用が主眼ですが、一流企業は、高卒に学科試験(適性検査)を課すケースが増えています。これは、結局、数年経って伸びてくる若手には、ある程度学力が備わっているいう、経営陣の気づきから来ています。

能力を高めなくても夢は叶うのか?

f:id:travel_jarna:20170531134659j:plain

シバター氏は、ヒカルさんに対し、夢を与えるだけであり、能力を高めるという姿勢がすっぽり抜けていることを、指摘したいようです。

勉強では負けても、しゃべりでは負けなかったと自負するヒカルさんに対し、シバター氏は、次のように述べます。

  • 自分は決してしゃべりがうまいとは思っていない。
  • 自分の話し方や切り口が、YouTubeのプラットフォームにたまたまマッチしただけ。
  • 自分の一応の成功は、宝くじに当たったようなもの。

しゃべりがうまいから成功したと主張するひかるさんに対し、人生経験の差は歴然。シバターは、YouTuberに煽られ、一足とびに夢を追うのは誤り。夢のようなルートは存在しない。地道に能力を高めよと、説いているように見えます。

ラ・サール出身のみずにゃんは、ヒカルの高卒に夢を与える新事業をどう見るのか

※動画 時間がない方は、下の要旨を見てください。

みずにゃん … ワンクリック詐欺の業者を電話で追い詰める動画が代表作。他の配信者に噛み付く炎上系。先日、はじめしゃちょーの浮気疑惑をネタにし炎上。ラサール出身。

みずにゃんも、ヒカルさんの高卒に夢を与える新事業に言及しています。みずにゃんの問題提起は、この事業は誰が得をするのか、です。

  • 転職のあっせんは、転職者の年収の20%~30%をアフィリエイトフィーとして手にできる。冷静に事業を見よ。
  • ヒカルさんの動画を見て、自分も就職できると早合点する人はバカ。高卒で大企業に就職できる能力がある人は、地力でも就職はできる。
  • ヒカルさんは賢いが、視聴者はどうか分からない。

このように指摘した上で、みずにゃんは、高卒で学歴がないのなら、学歴を問わないベンチャーに就職し、上を目指すのが良いと指南します。みずにゃんも、能力を見極め、能力を高めることに基本があると、考えているようです。

高校生を取り巻く、夢を煽るビジネス

現在、ミュージシャンや声優の専門学校を選ぶ高校生が増えています。彼らが、夢を煽られ、夢が呪いとなり、視野が狭くなってしまうことがないように、大人は手助けする必要があります。ミュージシャンや声優を目指すなというわけではありませんが、彼らは、発声練習すらしたことがないというケースも、目立ちます。

(まとめ)YouTuberヒカルの高卒に夢を与える新事業の危険性

f:id:travel_jarna:20170531085855j:plain

  • ヒカルさん … 自分は学歴はないが、しゃべりで成功しつつある。学歴がない人と、IT企業を結びつけるサービスを立ち上げたい。
  • シバター … 能力の裏づけを以て、確実性のある業界を狙うべき。空虚な夢は、呪いのようにその人を縛り、ただただ夢を追う生き方を招く。
  • みずにゃん … ヒカルさんは賢いが、視聴者はどうか分からない。まず能力を見極めるべきだし、ベンチャー企業に狙いを定めるのが得策。

夢は呪いである、というシバターの一言は、箴言(しんげん)だと思いました。

(さいごに)サロン運営のブロガーの夢を与える事業も危険

f:id:travel_jarna:20170531135902j:plain

残り字数もわずかですので、ここでは、顔出しをし自分のキャラクターを打ち出し、共感する読者を集めてゆくブログ運営のビジネスについて、一言述べておきます。イケハヤ氏、やぎろぐ、まじまじパーティーあたりが対象です。

結論から言うと、彼らからブログ運営を習うのは得策ではありません。なぜなら、再現性がないからです。はてなブログを見渡していただければ、キャラクターが非常にはっきりし、いかにも読者を獲得しそうなのに、埋もれている人が相当多数います。

www.jumpeikobayashi.com

就活を辞め、世界一周をしながら、働くことへの意見を発信している潤pさんのブログ。キャラクターは明確なのに、獲得している読者数が少なすぎます。このレベルのキャラクターを持つ人は、想像以上に多いですが、ほとんど埋もれているのが現状です。

つまり、キャラクターを立てて、読者を大量に獲得してゆくビジネスは難度が非常に高いのです(偶然性の要素も強い)。水泳の先生なら、100回に1回しか成功しない、大怪我をする可能性がある、華麗な飛び込み方を教えることはありません。顔出しをし自分のキャラクターを打ち出し、共感する読者を集めてゆくブロガーの教え方は、まさに根拠の薄い夢を売るビジネスであり、夢が呪いになってしまう可能性があります。

ブログ運営は、検索語を意識し、貢献的な内容を発信してゆけば成功可能性は十分にある、再現性の高いビジネスです。その背景には、貢献的な内容を発信できるだけのキャリアが必要です。

イケハヤさんに関しては出版・講演等、すでに十分なキャリアがありますが、やぎろぐのやぎぺーさんや、まじまじパーティーのあんちゃさんには、それがありません。そのため、貢献的な内容を発信する再現性の高いビシネスではなく、一か八かの芸能人型のビシネスを教え、夢を売って、資金を得ることになります。顔出しをし自分のキャラクターを打ち出し、共感する読者を集めてゆくブロガーは目指さないのが得策です。

夢が呪いになってしまう可能性があるからです。

www.jarna.jp

ただし、 やぎろぐや、まじまじパーティーが主催するブログ運営サロンは、非常に安いです。ブログ運営の仲間を得たり、モチベーションを維持したりするための加入なら、問題はありません。はてな村が本当に撃つべき人間は、メールマガジン等、閉鎖された場所で高額な情報商材を売りつける連中です。弱きをくじくのは、もうやめませんか? 

はてなー「君の強みは?」 やぎろぐ「ぼ、ぼくは、大学生の経験から、ヒッチハイクのやりかたが分かります!」 はてなー「…ほ、ほう。……まあ応援しますから、がんばりなさい」 これが、67%が30歳以上である、はてなユーザーのあるべき反応。DeNAやネイバーに攻め込むのは立派ですが、同様に閉鎖された場所で高額な情報商材を売りつける連中も攻めてほしいです。

www.jarna.jp