じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

ブログ運営で稼ぐ人の1日を完全公開~無料で旅行編~

会社員を辞め独立して2年半、ブログ運営をメインで生活しています。今回は、長い間控えてきた「ブログ運営で稼ぐ人の生活」を公開させていただきます。

※2017年2月当時の状況です。

筆者の運営するブログと収益状況

f:id:travel_jarna:20170212201613j:plain

筆者のプロフィールは以下のとおりです。

  • 大卒後、10年余りのブラック企業勤務を経て独立(広告代理店→予備校)。
  • ブログ運営+講演週2回程度の組み合わせ。1年半で黒字転換。

運営ブログと収益状況

  • 運営ブログははてなよりは、WordPressでの運営がメイン(旅行サイト等)。
  • アフィリエイトには批判的なため、依存度は収益の9.8%(昨月)。
  • PV数、収益の公表には否定的なため、問われなければ公表していません。

以上がプロフィールです。

f:id:travel_jarna:20170212195657j:plain

出典:はてなブックマーク

上のような恥ずべきエントリーが目立ちます。

収益は公表しないのがマナーです。どのラーメン屋さんが「今月150万円稼ぎました! うぇーい(・ω・)ノ」とツイートしていますか? 一匹狼が目立つラーメン屋さんですら、それはダメだと分かっています。全員がです。

PV数については、許容範囲かとも思いますが、私の場合はある程度まで、しかも目立たない場所に表示している程度です。

※(ここは、興味があればお読みくださいPV数や収益をなぜ公表してはいけないのか。その答えは簡単です。例えば、企業のプレゼンでは、若手がプレゼンターに立つ場合、プレゼンがスムーズではないほうが実は好印象を与えます。若いのに頑張っている印象です。逆にベテランは、スムーズさを欠くと評価されません。

ブログ運営も同様で、読者はブロガーの人格、ブログの様子から、このくらいのPV数や収益なら納得できるという先入観を持っています。その捉え方は、個人差が大きいため、結果的にPV数や収益の公表は、かなり難しいのです。

なぜブログ運営で稼ぐ人の1日を完全公開しようと思ったのか

www.jarna.jp

過去にもフリーランスの1日を公開したことがあります。

しかし、読者、とくに会社員の方にかなり気づかった記事構成としています。会社員の方は、日々通勤ラッシュ、激務、複雑な人間関係に気をもんでいるため、「恵まれたフリーランス」という観点の記事はかえってストレスに感じることがあります。逆に、フリーランスの苦労、不安定さ、不利な面を知ると一安心する面があるはずです(少なくとも私は会社員時代そうでした)

そのため、フリーランスの1日を公開と打ち出しても、内容にはかなり気遣っていました。

  • 「フリーランスの人で、自動販売機を頻繁に使うのは少数派だと思います。……ほんとうに無駄づかいをしなくなりました」
  •  「ホテルに戻り、0時までまた仕事をします。……フリーランスなので、このような高額のデザートは普段全く買いませんが……」
  • 「フリーランスの場合、厚生年金がありません。会社勤務歴ゼロなら、月10万円×20年分にあたる2400万円程度の貯金が必要です」

www.jarna.jp

今回は、「ブログ運営で稼ぐ人」の1日を、良い面を隠さずに公開したいと思います。なぜブログ運営で稼ぐ人の1日を完全公開しようと思ったのでしょうか?

転機は上のエントリーです。読者限定で、無料にて初心者向けブログ運営のノウハウを深めに公開した記事です。成功しているブログ運営者でも9割以上が犯している、ある致命的な誤解にも触れました。

弊ブログは265名の読者がいらっしゃいます。ブログ運営をされていない方や、収益化を目指していない方も多いのですが、無料記事を読んでいただいた方は6名にとどまりました。これは、ひとえに、私 (id:travel_jarna) の生き方に共感を持って頂いていないことが要因だと思います。思い返すと、これまでどの記事でも、会社員の方に気を遣い、質素、質素を強調してきました。

しかし、現在会社員でも、今後のためにブログを収益化してゆきたい、いつかは独立を考えたいという方も、時代背景から少なくないはずです。これまで質素や苦労を強調してきたことで、そういった方にとっては、足しにならない記事が多かったかもしれません。こんな背景から、今回は「ブログ運営で稼ぐ人」の1日を、良い面を隠さずに公開したいと思います。

ブログ運営で稼ぐ人の1日を完全公開

f:id:travel_jarna:20170212204656j:plain

2月7日。7時半に起き、ラッシュの終わった10時半に都内の自宅から仙台へ出発します。業務委託の教育関係の仕事です。業務委託は、収益比2割程度にまで落としたため(先月)、現在は社会貢献と旅行を兼ねて引き受けています。

早朝出発やラッシュにかかる仕事も打診がありますが、自費で旅行取材を兼ねた前泊にしています。ブログ運営をしていれば、楽天affiliateのポイントはかなり貯まりますので、旅館代はかかりません。もちろん、良い旅館をブログで紹介し、1%の手数料を負担いただいた旅館業界や、クリックしていただいた読者への還元に努めています。

朝食は、大船軒のサンドウイッチにしました。車内でipadを使いレビュー記事を書き上げました。旅行記事は、収益率がかなり悪いですが、やり方次第では、そこそこにはなります。

仙台で常磐線に乗り換えて、福島県へ。途中の寄り道も旅の楽しみです。ここで、業務委託先のスタッフさんに、差し入れを購入。

昼間の気温も0度付近で、東北の寒さを体感しました。写真では分かりませんが、かなりの強風です!

福島原発の事故を乗り越えつつある、相馬での進学相談イベントに受験相談員として参加します。会場は結婚式場。災害を乗り越えて、早大に行き、第2の村上春樹をめざしたいという1年生が印象的でした。弱点の英語攻略法をアドバイス(第2のイケハヤになったりして笑)。

宿泊先の仙台に戻り、牛タン記事の取材を兼ねて「司」さんへ。有名店の伊○や利○とは、比べものにならない味でおすすめです!

仙台での宿泊先は、人気が急上昇しているホテルビスタにしました。宿泊レポも書きます。

会社員時代は激務で、ホテルは、前日の深夜に慌てて予約していました。ホテル入りも早くて21時。報告書を書いて、残務を終え22時。自分の時間は1時間位でした。

ブログ運営で独立した現在は、全てが自分でコントロールできる時間になりました。これは、ウェブ技術の進化と、この業界が伸びている恩恵です。若手ブロガーはこのことを忘れ、自分の才能や技量だと勘違いしているのです(ばーか)。

大学生の頃は、リゾートホテルでアルバイトをしていました。旅をしながらの仕事が夢だったのですが、インターネット事業(ブログ運営)を始めて、2年余りで実現しました! 

東京で見かけないずんだデザートを発見!

ホテルビスタの朝食は、牛タンカレー、笹かま、蔵王クリームチーズがおすすめです。

この後、財布を盗まれるというアクシデントがあるのですが、これは大ネタになったので、後日エントリーします。お楽しみに←

財布を盗まれるアクシデントで、予定が狂いましたが、しぶとく仙台の牛タンの元祖、味太助の取材など、予定を済ませ、郊外のホテルへ。

仙台のロイヤルパークホテルの朝食は、エッグベネディクト、具材を選べる手作りオムレツなど、ホテル並みのメニューです。今回1名でしたが、2名なら7000円くらいで宿泊できおすすめです!

ブログ運営などで稼ぐフリーランスの場合、最低でも1日に2万円を稼ぎ出すことが目標となります。会社員時代は、移動時間に無頓着でしたが、現在はより価値を生み出せる時間の使い方を考える癖ができました。

会社員時代も、ある上司は、絶対にクルマで移動しませんでしたが、ようやくその考え方にたどり着きました。

1日フリーの日をはさみ、3日目は福島原発事故による仮校舎となっている高校での仕事です。礼儀作法がよく、非常に指導力のある高校でした。福島の仕事は、常磐線に不通区間がありアクセスが大変ですが、せめてもの復興支援として、断ったことはありません。

www.jarna.jp

さようなら仙台! 帰りにもう1店、牛タン取材をしようかと思いましたが、お腹の調子と相談し、すぐに帰りました。

※旅行記は、ツイッターの「#じゃーなの旅」ですべて見ることができます。

(まとめ)ブログ運営で稼ぐ人の1日を完全公開

以上が、「ブログ運営で稼ぐ人の1日を完全公開」の内容です。交通費は業務委託先から出ますので、ほぼ無料で旅行ができる形になっています。

  • 通勤ラッシュ
  • 非効率で無駄な業務
  • 納得がいかない仕事(選べない仕事)
  • 微妙な上司
  • ほとんどない自由時間
  • 健康や食に気遣えない生活

こういった要素を全て排除できました。またブログ収益は、検索に対応すれば資産化しますので、 徐々に増えてゆく傾向があり、病気・事故等のアクシデントがあっても、収益が継続する特徴があります。また、とくに定年がなく、目が見え、文字が打てれば生産が継続できる点は大きいです。

正しいやり方を選び、継続することができれば、業界の伸びから成功できる可能性も十分にある仕事です。

www.jarna.jp

上の記事では、読者の方向けに、初心者向けの正しいやり方を公開しています。noteにすることも考えましたが、noteは、イメージが悪いので当面は見送ります。

Twitterでひと声かけていただいたあと、こちらからブログを診断し、診断後に記事を見ていただく方法を取っています。ただ、記事を読んでいただくだけでは、ミスマッチの可能性もありますし、役立つ度合いも少ないからです。

しっかりと社会貢献をしながら、社会に恥じない方法で、ブログ運営で稼いでいこうという方なら、これまでやり取りがない方にも公開していますので、よろしければご覧ください。情報商材販売業、サロン運営関係者、大半の記事にアフィリエイトの発リンクがある方は、ご遠慮ください。

www.jarna.jp

追記 ブックマークでのご質問に対応します。

アフィリエイトに批判的なのに何で収益をあげているんだろう。もしかして成果報酬型はダメだけどアドネットワークはOKなのでしょうか? id:beed さんより。

AdSenseはご指摘のように、アフィリエイトの一種であるアドネットワークです。しかし、この記事では、一般的に「アフィリエイト」「AdSense」が分けて考えられる慣習に従っています。はてなでは、アフィリエイト=悪、AdSense=必要悪とされる傾向があり(ありますよね?)、そのジャッジに確たる根拠はありませんが、はてなで活動する以上、その世論に従っています。

広告は本質的には、悪い要素を持ちます。原理としては、良い商品ほど広告はされないからです。筆者は望まずして広告代理店に勤務することとなり、この葛藤は常に抱えてきました。現在はアフィリエイトよりマシな点が多い、AdSenseを主に利用しています。次いで楽天アフィリエイト(旅館紹介)、通常のアフィリエイトです(ただし、紹介商品には絶対の自信を持っています)。

なお、あらゆるアフィリエイトに否定的な方のお立場は尊重するものです。いろいろな考え方があって良いという突き放したレベルでなく、それは本質的に正しい考え方だと感じています。