じゃーな!

「別な人」が作る社会に引導を渡す

いま話題のVALUとは? 仕組みをはじめから丁寧に!

広告

現在の人気記事 

【悲報】イケハヤ氏 VALUのトップページから速攻で削除される


VALUという「新しい何か」が話題になっています。VALUは、一言でいえば、「じぶん株式会社への投資市場」。会社でなく、個人で事業を起こしたい人が、資金を募る仕組みです。クラウドファンディング(投げ銭)にギャンブル的要素を加え、盛り上がりを見せています。

VALUとは?

f:id:travel_jarna:20170609194319j:plain

 

サイト:https://valu.is/

  • 個人(じぶん株式会社)に、お金を出資する。
  • その個人に注目が集まり、株価が上がった時点で売却すると、お金が増える(※買い手がつかないこともある。また、お金が減ることもある)。
  • 応援したい人に、クラウドファンディングのように投げ銭する趣旨。
  • 出資を受ける側は、自分でも株(VA)を持つことが大半。利ザヤが収益。
  • 株式投資に似せ合法とされるが、ややグレー。お金は、ビットコイン(仮想通貨)

個人(じぶん株式会社)として、VALUに登場するには?

投資目的の方も、投資を受ける側の基本的な仕組みを知らないと、投資に必要な用語の意味がチンプンカンプンになります。手早く説明するので、ぜひ読み飛ばさずに!

f:id:travel_jarna:20170610063604j:plain

① じぶん株式会社としてVALUで資金を集めるには、Facebookなどでの活躍が必須。株式市場と違い、フォロワー(友達)数で、価値が決まります。

じぶん株式会社としてVALUに申請する場合、「いつか東南アジアで学校を作りたい」のような、事業計画は、ほとんど審査されないようです。提出した、Facebookアカウント、Twitterアカウント、url(ブログやYouTubeアカウント)を、フォロワー(友達)数中心にチェックされます。総じて、人柄・キャラクターを見ているようです。

② 申請を受けつけた場合、VALU側は、あなたの価値は100万円です!のような言い方をします。これは、1株(=VAと呼ぶ)1000円で、最大1000株流通させても良いという意味です。これを時価総額と呼びます。

f:id:travel_jarna:20170610223935j:plain

③ 出資を受ける側(じぶん株式会社)は、Facebookなどを通じて、フォロワーに株(VA)の購入を呼びかけます。売り出す株(VA)の数は、上限内で自由に決められます。事業を応援して欲してね!と同時に、値上がりするかもよ!と呼びかけられますので、購入を促しやすい仕組みです。

④ 株(VA)の価格は、新たに購入希望者が参入すれば、少しずつ上がります。古い購入者が、新しい購入者に、高値で売り渡すからです(※)。株価が上がったタイミングで、出資を受ける側(じぶん株式会社)も、自己購入した株を売り出すことができます。

※ねずみ講的な要素があることを、指摘しておきます。

⑤ もし100株が、1000円から2000円に値上がりすれば、差益の10万円の資金を得られます。実際の取引は、ビットコイン(BTC)を単位として行われます。

計算式 2,000✕100ー1,000✕100=100,000万(円)

※上の内容は、申請中の方への取材に基づきますが、もし誤りがあればお知らせください。

投資者として、VALUに投資するには?

投資者としてVALUに投資するには、まずビットコイン(BTC)取引所への登録を行い、次にFacebookアカウントを用いて、VALUへの会員登録を行います。

www.jarna.jp

VALUへの送金が可能になるまで、最短で48時間程度かかります。ただし、ビットコインの購入そのものは、5万円以下ならすぐに可能です。一方、VALUへの加入手続きは、当面、平日の9時から18時の間のみとなります。

f:id:travel_jarna:20170607175757j:plain

会社の昼休みなどを使う場合は、免許証の表の写真、裏の写真、一緒に写った写真をスマホで撮っておくと、スムーズに進みます。

VALUのサイト:https://valu.is/

VALUの仕組みと、投資する人の選び方

f:id:travel_jarna:20170609194319j:plain

 VALUの仕組みをもう一度確認します。

  • 個人(じぶん株式会社)に、お金を出資する。
  • その個人に注目が集まり、株価が上がった時点で売却すると、お金が増える(※買い手がつかないこともある。また、お金が減ることもある)。
  • 応援したい人に、クラウドファンディングのように投げ銭する趣旨。
  • 出資を受ける側は、自分でも株(VA)を持つことが大半。利ザヤが収益。
  • 株式投資に似せた仕組みのため、合法。お金は、ビットコイン(仮想通貨)

ビットコイン取引所への登録が完了し、コインを送金すると、いよいよVALUでじぶん株式会社の株を購入できます。

投資する人を決める場合、方法は2通りあります。

  • あくまでクラウドファンディングとして投資する場合 … VALUに「ピックアップ」「新着」のとして掲載されている40人のなかから、人柄や事業の方向性に賛同できる人を選びます。検索窓に適当な文字列を入力し、ランダムに見てゆくこともできます。
  • お金を増やすことに主眼を置き投機する場合 … 現在のVALUは、株(VA)の売買がまだ盛んではありません。そのため出来高と呼ばれる取引実績や、フォロワー数やフォロワーへの投資の働きかけの強さが反映しやすい、時価総額を参考にします。

※時価総額は、株価と発行可能な株式(VA)数をかけ合わせたもの。実際に流通している総額を表すわけではありません。

www.jarna.jp

VALUは、当初時価総額順のランキングを掲載していましたが、ブロガーがスポーツ選手などを押しのけ、イメージ悪化が顕著だったため、現在は廃止されています。そのため、時価総額、出来高とも、1人1人確認してゆく必要があります。

損したくない場合、最大のポイントは、投資する人の社会的知名度や名声よりも、具体的に何人の投資家をVALUに誘導できるかを見極めるのがカギになります。スポーツ選手などは、ほかに仕事を持っているはずで、勧誘に専念できるプロブロガーが、やや有利になるのは否めないです。

VALU投資の実際

f:id:travel_jarna:20170613102539j:plain

例えば、(賛否あるとは思いますが)やぎぺー氏に投資する場合、1株(VA)あたりの現在の値段は、12,104円となります。

※上は記事執筆当時の数値。

f:id:travel_jarna:20170610221832j:plain

VALUでは、売りたい人のデータを緑、買いたい人のデータを赤で表示します。上の画面では、売り注文がやや多めの状況です。

例えば、2株(VAL)購入したい場合、まず0.0389BTCで1株(VA)購入します(買い注文を出せば即座に取引が完了します)。次に0.03899BTCでもう1株購入すれば、無事完了です。

投機の加熱を防ぐために、現在、24時間の売り買いは5回まで。そのため、2回分使いたくいない場合は、0.03899BTCで2株注文することも可能です。詳細は以下の記事で。

www.jarna.jp

(まとめ) いま話題のVALUとは? 仕組みをはじめから丁寧に!

f:id:travel_jarna:20170610223656j:plain

VALUは、本来の趣旨はクラウドファンディングです。しかし、クラウドファンディングは、埋もれてしまい失敗することも多くあります。VALUでは、やや投機性、ギャンブル性を持たせることで、活性化を図ろうという仕組みです。

当初は、マネタイズ系プロブロガーがトップページを占拠し、信頼を失いかけました。

www.jarna.jp

現在は、時価総額ランキングを完全に撤廃し、純然な個人が目立つようになっています。

www.jarna.jp

一方で、少しお金を増やしてみたいという場合、新たな投資者を呼び込む力のあるプログロガーを投資対象として検討せざるを得ない部分があります。また、今後、大物YouTuberや芸能人の参加表明に要注意です。YouTuberヒカル氏あたりは、参戦してくるのではないかと思います。

長期戦で良いなら、知名度や運営ブログのパワーが弱くても、事業内容の社会貢献性や話題性が大きく、伸びしろがある人物を指名するのも良いでしょう。

VALUは現在、平日の9時から18時のみの稼働です。そのため、もし参加する場合は、ビットコイン取引所に登録し、慣れておくことが必要です。

www.jarna.jp

今後も、当ブログでは、来週前半を目標に、初日実践記をアップする予定です。当初土曜日にアップ予定でしたが、1日3取引の制約があり、ほとんど進められませんでした。

以上、いま話題のVALUとは? 仕組みをはじめから丁寧に! でした。

www.jarna.jp

追記:

id:kumasi 「これは今後流行るんでしょうかね?」

ゲームバランスがすこぶるよく、仕組みが天才的なので、案外長続きすると思います! 競馬などギャンブル耐性があれば、入りやすいです。

id:lifefucker 「『株式投資に似せた仕組みのため、合法』 ←株式投資に似せているので、黒に近いグレーだと思います」

検討し対応しました。

www.jarna.jp

www.jarna.jp

www.jarna.jp