とらべるじゃーな!

#別な人が作る社会に引導を渡す

ブログコンサルティングを始めることにしました。

追記:ブログコンサルティングの受付状況(9月17日現在)

当面は2名定員で集中して行っていこうと考えています。現在のところ、最短で2020年1月スタートが見込まれます。先着順ですので、ご関心のあるかたはTwitterなどからお声かけください。

 

各位

ブログコンサルティング(有償)の開始について

 

14年続けた会社員生活が事情により終わり、2014年8月1日に独立自営を始め、先日まる5年を迎えることができました。日頃からのブログご購読に感謝しております。旅行や教育のブログ運営がメインで、ほかに学校関係の講演の業務委託を受けています。

さて、ご高承のように、twitterでは、ブログ運営を始めて1年もたたないうちに、サロン運営やnoteを販売する方が目立っています。

私見ですが、運営歴5年、月7桁程度の収益とPV、a8ネットでブラック程度を、毎月ではないにしろ1度は記録することが、コンサルタントの最低条件だと考えています。もともと中規模の予備校講師の経験があり、コンサルタント業務には関心を持っていました。今回、多くの方のご指導により、諸般の条件をクリアできましたため、初心者向けのコンサルタント業務を開始させて頂ければと思います。

なお、これまで通り、はてなブログでブログ運営の教科書を刊行することや、twitterのDMでの無料相談、Twitterでの情報発信は継続いたします。

www.jarna.jp

①  なぜ公表するのか

通常、有償のブログコンサルは、クローズド(問い合わせ対応等)の形で行われています。しかし、まっとうな商品(だと思う)なら、公表して行うべきだと考えます。また、こういった企画は金額の変動(期間限定、先着順、割引)が目立ちますが、それも不透明感を助長している思います。そのため、定価や見積明細の短期的な変更は行ないません。

はてなブログは、有償コンサルには厳しい意見を持つ方が多い環境です。その環境で、情報を公開して募集等を行ってゆくことが、公正の確保につながると思います。

②  なぜサロンではないのか

サロンとは、掲示板のようなスペースで参加者同士が学びあっていると、ときどき運営者や指導者がログインし、指導を行うものです。教える内容の体系づけがなく、個別の対面コンサルや記事添削を行わない、運営者によって効率の良いシステムです。

筆者が在籍の予備校では、指導者つきの自習室という商品案がありましたが、これが保護者の目から見てありえないシステムであることは、明白だと思います。

③   筆者のコンサルタントとしての適性について

かなり早い段階から、コンサルタント業務は意識してきたため、以下のような努力を行ってきました。

・コンテンツのみによる5年間の運営

 noteの販売、サロンの運営といった、コンテンツ外の収益手段に頼らず、旅行・教育を中心とした、コンテンツのみで事業運営を続けてきました。稼ぎ方で稼ぐという本末転倒を回避し、知識、技能、経験を積んできたと考えています。

・高額のコンサルを3回経験

自分で参考にしたいという点以外に、コンサルタントの望ましいあり方を知る、確かな情報を得るという目的から、3ヶ月20〜30万円のコンサルを3回受講してきました。うち2回は、企業や大御所を相手にされている、かなり実力がある方です。

・予備校講師歴7年

中小ではありますが予備校講師歴(国語小論文科)が7年あります。教材づくりや授業を多数経験し、教えるということに関して、方法論を模索してきました。独立後も、文章指導歴は200回以上あります。

・キャリアコンサルタント(国家資格)取得見込

現在のブログ運営は、専門性が重要です。そのため職業との関連づけや、本人が気づいていない得意分野の洗い出しが必要です。専門的なキャリアカウンセリングの方法(ドナルド・E・スーパーなど)も用いて、得意かつ検索上位表示できそうな分野を探ります。

・無料相談歴

twitterのDMを使用した、数年間の無料相談歴があります。

④  筆者のコンサルティングの方向性について

・アフィリエイトについて

アフィリエイトについては、必ずしも好きではありませんが、コンサルタントとして実績が必要という思いもあり、1サイトのみ運営をしてきました。 

・テクニック、データより原理原則を好む方向け

twitter受けが良いような、即座に効果が出そうなテクニックは、多くは扱いません。すぐにはピンとこなくても、半年後にはスッと胸に落ち、それから10年20年の記事執筆を根本から変えて行くような、原理原則を重視します。そのため、コンサルティングを受ける方は、幹と枝葉、抽象と具体といった思考を理解できる方が向いています。目安として、中程度の学歴がある人の方が、相性が良い傾向です。

Googleアナリティクスなど、データはあまり使いませんので、データを好む方ととは合いません。ただし、ファクト、エビデンスを重視しないということではありません。例えば、10代がネット検索と動画のどちらを重用しているのかなど、対面のアンケートを行い、主観的な見方に陥らないよう心がけています。

⑤  コンサルティングの定価について

見積額明細(1か月の費用)

条件:原則3カ月継続(効果を出すために望ましい期間です)

合計額:月4万円(税込、振込の場合振込料を除く)

経費明細(1か月):
・コンサルティング(面談、都内) 目安3時間 1万円
・コンサルティング(電話) 目安1時間 5千円
・サイト分析とフィードバック(ツール料経費含む) 5千円※
・記事設計添削1回 5千円※
・記事ライティング添削1回 5千円※
・質問対応(目安10回) 1万円

※都内以外で面談も可能(交通費、宿泊費別途ですが、講演による出張・旅行取材を兼ねる場合ご負担は減らします)

以上が、見積額と明細となります。通常のコンサルでは、面談はなくSkype等による会話が大変ですが、丁寧な対応を行うためには、面談は不可欠と考えています。

なお、面談以外に通話のコンサルティングの機会も設けます。通常はSkypeやchatworkなどが用いられますが、マイクの準備など初心者向けではありません。こちらから、通常の音声電話をかける仕組みを検討中です(まだ確定ではありません)。

対象は、初心者を想定しています。

【追記】カリキュラム(3か月分)が完成しました。

f:id:travel_jarna:20190831154055p:plain

⑥  価格設定の経緯について

3ヶ月で12万円という設定ですが、途中退会しやすいように、月謝制としました。予備校・塾関係でも、一括払いは良くないとされ、月謝制が基本です。ただし、3ヶ月の期間は、こちらが伝えられる内容(twitter等では公表していない内容)を伝えきるのに必要な期間ですので、3ヶ月を想定頂ければ幸いです。

なお、※で示した内容には、それぞれ1時間程度、質問対応には3時間程度を想定しています。そのため、コンサルティングにかける時間は最低でも10時間です。家庭教師の時給は3800円(トライの場合)ですが、当コンサルは4千円の家庭教師を10時間雇って頂くような設定となります。ただし、自分の性格から、とくに首都圏ならびに筆者の出張が多い新潟、静岡県にお住いの方なら、10時間で済むことはないと思います。

設定は、手軽さを感じる月3万円と迷いましたが、小論文添削の経験から、お値打ち設定をした場合、効率よく早く指導を済ませるという力学が出てきてしまいます。月4万円という設定なら、丁寧に時間をかけられ、秘匿性の高いオリジナル情報の出し惜しみもしにくいのではないかと感じました。

 ⑦  コンサルティングのお申し込みについて

現在、ご検討の方がおられ、当面定員1名で実施の予定ですので、現在は募集を行っていません。空きが出た場合twitter等でお声かけいたします。ご関心がある場合は、twitter等でお問い合わせください。

ブログ運営部@🚃とらべるじゃーな (@travel_jarna_b) | Twitter

なお、今後、有償商品として質問対応付きのメルマガは検討しています。noteの販売は行いません。また、はてなブログに明かさない形での有償企画は行いません。ただし、同価格・同内容にて別媒体(ココナラ等)で募集をする可能性はあります。

(追記)宣伝になってしまいますが、初日の感想です。

コンサルタント側

 クライエント側

www.jarna.jp

www.jarna.jp